« スイス銀行に振り込んでくれ | トップページ | 日本経済に付いて独り言・その1 »

2011年8月22日 (月)

フジテレビ偏向報道への抗議デモ

今回は、本日8.21フジテレビへの抗議デモの続報と言う事で。

8月21日午後、東京お台場の青海北ふ頭公園に、フジテレビの抗議デモに参加する人達が長蛇の列を作った。
フジテレビの「韓流偏重」に抗議するデモは、日の丸やプラカードを掲げた参加者が集い、公園では「Get Back Japan」と記されたバッジが参加者に配られたが、用意された1600個は間もなく底を突いたと言う。

予想以上の参加者の数に「ここまで来るとは思ってなかった」とデモを企画した「フジテレビ抗議デモ実行委員会」のメンバーも驚きを隠せない。
動画サイトによる生中継には、デモ開始前から2万人の視聴者が集まり、最終的には10万アクセスに達し、ミラーサイトを含めると更に多くの人達が中継を見た事になる。
ツイッターにも数多くのコメントが寄せられた模様。

参加数の正確な実数は不明だが、主催団体代表によると約6000人。
しかし、デモに参加した人達によれば、もっと居た筈だ。との事で、一説によると1万人は超えている。との話もある。
主催者がマイクで「多くの人が集まってくれて有り難いです」と感謝すると、拍手が沸き起こった。

俳優・高岡蒼甫のツイートに端を発した今回の抗議活動だが、8月7日にはお台場に2500人(主催者発表)が集結し、「韓流ごり押し反対」の声を上げた。
この時はデモの許可を得ておらず「散歩」と称していたが、21日のデモは主催者が、東京都公安委員会からのデモ許可証をネット上にアップして「正当性」を強調、参加を広く呼び掛けた。

集合場所には海外メディアの姿も見られ、デモ主催団体は「1000人集まってくれれば成功だと思っていました。これだけ大勢の人に共感して貰えるとは」とコメント。
実は主催者側は、デモに先立ってフジテレビに「偏向報道」に関する抗議文を提出しようとし、フジテレビに接触したのだが、「抗議されるいわれは無い」と文書の受け取りを拒否されている。

主催者代表は「近日中に、公開質問状という形でインターネット上にアップする予定です」との話。
フジテレビも抗議文を受け取って「ご意見を賜ります」ぐらい言えば言いと思うのだが、余裕が無い証拠なのだろうかね。
フジテレビの上層部はデモを受けて、緊急対策会議なるものを開いたとの話もあるのでピリピリしているのは間違いない様だ。

フジテレビが一番恐れているのは、この一連の抗議がスポンサーに向かう事で、実際にスポンサーの一部には、日本人から蛇蝎の如く嫌われているフジテレビから離れると言う噂もある。
まぁ、あれだ。今回のデモは成功と言える内容なのだが、このデモに付いて日本の大マスコミはスルー状態。
予想された事とは言え、事実を事実として報じず、都合の悪い事は伝えないと言う姿勢は、マスコミとして自分の首を絞める事になると思うのだが、マスコミは判らないのだろう。では。

関連エントリ
新聞屋とテレビ屋と電波利権
フジテレビと日本テレビは電波法に違反している
フジテレビへの抗議デモと不視聴運動

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« スイス銀行に振り込んでくれ | トップページ | 日本経済に付いて独り言・その1 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/41312865

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ偏向報道への抗議デモ:

« スイス銀行に振り込んでくれ | トップページ | 日本経済に付いて独り言・その1 »