« 民主党の新代表は野田佳彦 | トップページ | グラビア蓮舫の夫が区議選で落選 »

2011年8月30日 (火)

隠し芸と芸能人と本業

このエントリはネッタイムス・ブログのアーカイブと言う事で、過去ネタなので宜しく。

昔は正月になると、芸能人が隠し芸を披露する「隠し芸大会」なる番組があったね。
正月らしい華やかな雰囲気で、芸能人が普段は見せない芸を披露して、人気があった訳だ。
その「隠し芸大会」も、何時の間にか無くなったね。
今の芸能人は四六時中、隠し芸みたいな事を遣っているから、隠し芸の有り難みが無くなり、隠し芸大会も必要無いのだろう。

今の芸能人は本業自体もあやふやで、はっきりしないね。タレントだのお笑い芸人だのを一括りにして区別が付かない訳だ。
お笑い芸人と言えば「落語家」「漫才師」「喜劇役者」「コント」「漫談師」等々。ざっと挙げただけでも、こんな感じだ。

最近のタレントだの、お笑い芸人は余り知らないから判らないが、知ってる所で言えば「明石家さんま」は実は「落語家」なんだよね。
さんまが落語家として活動していた実績は知らないがね(笑)、実は落語家なんだよ。
さんまと言えば「俺達ひょうきん族」の二代目ブラックデビルでブレイクした訳でね。因みに初代は高田純次。
さんまが売れる前にテレビで、物真似芸をしていたのは見た事あるが落語は無いね。売れてからも無いな。

「ビートたけし」が「漫才師」と言うのは有名だわな。ビートきよしと「ツービート」と言うコンビを組んでて漫才ブームで売れた訳だ。
しかし、漫才ブームの頃は「B&B」が断トツ人気で、次が「ザぼんち」だったから、たけしがブレイクしたのは、「ツービート」では無くて、ピンでラジオの「オールナイトニッポン」を始めてからだろうな。

余談だが、当ブログ「ネッタイムス」でも以前エントリで書いた「ナンシー関」も、たけしのオールナイトのファンで、毎週放送を録音していたらしいが、私も実はファンだったので当然、たけしのオールナイトを毎週録音していた訳です。
ビートたけしも今は、何を喋ってるのか判りづらくなって、周りも愛想笑いしている「裸の王様」状態だけど、昔は面白かったんだが、今の若い奴に言っても信じないね。悲しい話だ。

今は「映画監督」と言う肩書きもあるが、たけしは「漫才師」だろうな、漫才を遣っていない漫才師。
山本晋也が映画を録らなくなっても「映画監督の山本監督」と呼ばれる様にね。あっ、「山本晋也監督」って晋也を入れとかないと、広島カープの「山本浩二監督」も居るから判りづらいか(笑)。

「さんま」「ビートたけし」と来たら、次は「タモリ」だろうな。タモリは本名が森田と言って、「もりたもりたもりタモリ」って感じで芸名を付けたのは有名だよね。
タモリが芸人かどうかは微妙な所だな。タモリは昔、「今夜は最高」と言う番組でトランペットを吹いてた事もあったな。当然、笑いのネタも遣っていたがね。
ネタは、四カ国麻雀とかイグアナとかね。お笑い芸人とは微妙に立ち位置が違い、何屋なのか判らない。と言うのが芸風だろうな。

「さんま」「ビートたけし」「タモリ」の三人だけで長くなった訳です、その他は機会があれば書きますわ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 民主党の新代表は野田佳彦 | トップページ | グラビア蓮舫の夫が区議選で落選 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/41413179

この記事へのトラックバック一覧です: 隠し芸と芸能人と本業:

« 民主党の新代表は野田佳彦 | トップページ | グラビア蓮舫の夫が区議選で落選 »