« 久米と矢沢はケツの穴が大きい | トップページ | 急いては事を仕損じる »

2011年8月15日 (月)

また国民に番号付けるって話

このエントリはネッタイムス・ブログのアーカイブと言う事で、過去ネタなので時期や状況が違うのだが、宜しく。

性懲りも無く、また国民に番号付けるって話だよ。
税と社会保障の共通番号制度の利用開始時期を2015年1月とする方針を固めたらしいね。
例の、評判が物凄く悪い「国民総背番号制」と言うアレですわ。
「国民総背番号制」ってのが、アレだから、聞こえが良い名称を公募する。ってね、名前を変えればオッケーと言う発想自体が浅はかな考えだな。

住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)は、どうなったのよ住基ネットはさ?。何か役に立ってるのかね?。
住基ネットを総括しないで、また新たな番号付けるって話だよ。いったい何個番号付けたら気が済むんだ。ってね、近所の爺さんが言うとりました。

住基ネットと言えば、当時の総務大臣だった片山虎が、偉そうに「セキュリティは万全であり、情報漏洩は100%有り得ない。」って自信満々に言ってた訳だ。
100%情報漏洩しない方が有り得ない訳で、当然として情報が漏洩したんだが、何のコメントも無く「言ったら言いっ放し。」だわな。
大臣を辞めたから関係無いとでも思ってるのかね、虎の奴は。厚顔無恥にも程があるな。

政府は、国民に番号付けるだけでは物足りないって事で、新たに省庁も創設するって話だよ。
09年衆院選のマニフェストで、歳入庁の創設を入れていた。が、関係省庁の抵抗で調整が難航中らしいがね。

14年6月頃、国民一人一人に新たな番号を付与する見通しだ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 久米と矢沢はケツの穴が大きい | トップページ | 急いては事を仕損じる »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/41220335

この記事へのトラックバック一覧です: また国民に番号付けるって話:

« 久米と矢沢はケツの穴が大きい | トップページ | 急いては事を仕損じる »