« 辻元はバイブ以外の振動は苦手? | トップページ | 馬鹿+馬鹿+馬鹿=やっぱり馬鹿 »

2011年8月16日 (火)

政治家も落選したら只の人

このエントリはネッタイムス・ブログのアーカイブと言う事で、過去ネタなので時期や状況が違うのだが、宜しく。

「選挙公約とプロポーズの言葉は鵜呑みにするな」と言う言葉がある。
「鵜呑みにするな」の部分は「信用するな」やら「嘘八百だ」等に置き換える事も出来るが、要するに選挙の時の政治家の言動は、選挙に当選する為、その場限りの政治的手法だから、嘘が多くて信用出来ない。と言う訳だ。
プロポーズの言葉も同様であり、結婚と言う目的を達成する為の言動であり、当てにはならない。って事だな。

特に政治家は選挙に当選する為なら、平気で嘘も吐くし、土下座もするし、道路交通法で禁止されている筈の「箱乗り」だってするからな。ねえ、鈴木宗男さん(笑)。
鈴木宗男と言えば、新党大地の浅野貴博衆院議員は4日、受託収賄罪で実刑判決が確定し、服役中の鈴木宗男代表は刑務所の配膳係である事を明らかにした。
1月28日に面会した際、宗男は「食事の量に偏りがあっては、暴動の元になるので、細心の注意を払っている。滅茶苦茶忙しい。」と語ったらしい。
「暴動」って、相変わらず大袈裟な人だな(笑)、宗男が刑務所で配膳係をしている姿を想像したら、笑えるんだが、元気そうに刑務所暮らしを送っているみたいで、何よりですね(笑)。
どうでもいい事なんだけど、宗男が入っている檻は「ムネオハウス」と呼ばれているのかね?。

話を選挙に戻すが、2009年衆院選の「詐欺フェスト」と揶揄される民主党の政権公約なんだが、「子供手当て」「公務員制度改革」「年金制度一元化」「高速道路無料化」「後期高齢者医療制度」等々。
有権者を騙して選挙に大勝して、政権交代しておきながら、後は頬被りして知らん振り。
「消えた年金を取り戻す!」とか言ってた「ミスター年金」やら「ガソリン値下げ隊」の「そうでしたっけ?、ウフフ。」の「バカタレ女」も居るしね。

その「ウフフ女」は「小沢チルドレン」なんだけど、「チルドレン」ってのは碌なもんじゃないな。「土井チルドレン」とか「小泉チルドレン」とかさ、あっ、「ミスターチルドレン」ってのも居たな(笑)。
まぁ、ミスターチルドレンは、永田町のチルドレンとは別のチルドレンだけどさ。
まぁ、あれだ。「アンポンタンのポン助」揃いの民主党の話なんだがね。

鳩山由紀夫内閣、菅直人内閣の相次ぐ失政や、小沢一郎被告に関する「コップの中の嵐」やらで、菅内閣の支持率は19%、遂に二割を切り、ゴタゴタ続きの民主党に愛想を尽かし、統一地方選で「民主党」の看板を返上する動きが広がっている。
「嫌気が差した。」と、街頭で叫ぶ候補も居たり、「衆院選マニフェストをないがしろにする党の姿勢に我慢がならなかった。」と言う議員も居る。
統一地方選での候補者の民主党離れは深刻らしく、44道府県議選で約1300人の擁立目標を掲げたが、党本部が何度督促しても公認、推薦は増えず、現在は計750人に留まっている。
表面化しただけで10人以上が公認、推薦を返上と報じられている。

まぁ、「詐欺フェスト」で有権者を裏切り、地方選で連敗続きの民主党だから、その民主党の看板では、選挙で戦えない。って事なんだろう。
しかしね、民主党のマニフェストは、財源の見通しが無い単なるバラ撒きだと、散々言われていた訳で、民主党と言う組織にしても、急に変貌した訳では無い。
今まで民主党に所属し、内部に居ながら、民主党がどう言う政党なのか判らなかったのかね?、民主党に騙されたとでも?。

田嶋陽子と言う元参議院議員が居てね、今はコメンテーターや、シャンソン歌手(笑)として月一回、歌っているらしい。
その「但馬牛」じゃなかった田嶋は、参院選で社民党の比例代表として立候補し、当選して議員になった訳だ。
しかし、拉致問題での社民党の対応に嫌気が差して離党、その後、議員も辞職したんだが、その田嶋は離党会見で「社民党に騙された。」ってコメントした訳だ。
田嶋曰く、社民党から立候補しておきながら、「社民党と言う政党の事をよく知らなかった。」とね。
よく知らない政党から立候補したのかと?、社民党は名称変更前の社会党時代から、拉致は捏造と言っていたのは周知の事実だった筈だ。

そんな事も知らないで、「社民党から誘われたから。」って、ニコニコしながら立候補していたのかと・・・。
単に社民党への風当たりが強くなって、「社民党の田嶋陽子」と呼ばれるのが嫌だから離党したんだろう。
実際に田嶋は「社民党の田嶋陽子」と呼んで欲しくないと、ほざいている訳だしな。
つまりだ、この度、民主党の看板を返上する議員にも同じ事が言える訳で、民主党への向かい風が厳しいので、民主党から離れます。って事にしか思えない。

「政治家も落選したら只の人」と言う事で、只の人にはなりたく無いから、保身に走ったとしか言いようが無いよね。
穿った見方をすれば、今は民主党の人気が低いから、無所属になったり、他党へ移籍するんだが、また民主党の人気が高くなれば復帰するんじゃないの?。
ええとこ付きばかりで、アッチに行ったりコッチに行ったりって、イソップ童話の「コウモリ」だな。

看板を付け替える議員連中は、どんな事情が有るのか判らないが、有権者から「節操が無いコウモリ野郎」と思われるのは覚悟した方が良いね。
有権者も有権者で、看板だけでは無く、日頃から選挙区の議員の言動を注視して、選挙期間だけ聞こえの良い事を言うが、当選したら何処吹く風で知らん顔。って議員には投票しない事だね。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 辻元はバイブ以外の振動は苦手? | トップページ | 馬鹿+馬鹿+馬鹿=やっぱり馬鹿 »

政党・政治家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/41225199

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家も落選したら只の人:

« 辻元はバイブ以外の振動は苦手? | トップページ | 馬鹿+馬鹿+馬鹿=やっぱり馬鹿 »