« オザワン絡みの替え歌 | トップページ | 東電が原発事故の重大情報を隠蔽 »

2011年9月28日 (水)

国会議員の携帯電話は特別仕様

今回の東日本大震災の様な地震や津波、台風や大雨等の災害が発生した時に、家族や知人等との連絡や、災害状態の入手に役立つのが携帯電話だろう。
しかし、災害時には携帯電話や固定電話のアクセスが増えたり、電波を送る基地局等が被害に遭う等して、携帯電話がなかなか繋がらず、苛立った経験の有る人は多いと思う。
携帯電話キャリアには、災害時に繋がりにくい状況の改善をして欲しいものだが、今回のエントリでは、それらは一先ず置いといて、国会議員の携帯電話事情に付いて書いてみる。

国会議員の携帯電話は特別仕様であり、何時でも使える様になっている事は、余り知られていない。
2003年に十勝沖地震、04年に新潟県中越地震が発生した事を受け、国会で議論され、被害程度の確認や、関係機関と素早く連絡を取る為、国会議員の携帯電話は1台に限り、災害時でも優先的に使える様になったのだ。
携帯電話キャリアに1日預ければ、中のチップを特殊な物に変えて貰える様で、国会議員の他には、人命に関わる病院、警察、電力会社等の一部(全体の約5%)も優先電話となっている。

「国民の生命と財産を守る」のが国会議員の務めであり、その為に議員特権を有効に活用するなら良いのだが、今回の大地震では一部の議員が不適切な使用をしていたと言う。
被災地とは関係が無いのに、「これから電車に乗りたいのだが、何時になったら電車が動くんだ。と、キレて電話を掛けて来た人が居ました。地元で予定がある為、どうしても帰りたかった様です」(鉄道会社関係者)
中には「愛人に安否確認の電話を掛けた」「地元秘書にガソリンを確保しておけ。と、指示した人もいる」等の噂も飛び交っているらしい。
今回の大震災とは関係無いが、「後援会幹部に頼まれ、大人気タレントのコンサートチケットを簡単に取った」との噂も有ると言う。

まぁ、噂話なのだが「火の無い所に煙は立たぬ」と言う言葉も有る訳で、娘の運動会の日に、国会議員に無料で支給されるJRパスを使って、山本モナと不倫旅行をしていた民主党の細野豪志(静岡5区)みたいなのも居るしね。
他にも議員パスを使って不倫旅行したり、議員宿舎をラブホテル代わりに使っている議員も居るから、単なる噂だとは思えないって話だな。
国会議員と言っても何とかチルドレンやら、何とかガールズみたいな、間違って当選したアンポンタンのポン助とポン子も多いから、国会議員と言う立場を弁えず、私利私欲に走るスットコドッコイが多いのは当然なのかも知れない。

まぁ、トンデモ議員達も人間だから、「下半身に人格が無い」奴も居るのだろうが、てめえの愛人やら不倫相手との逢い引きの費用位は、議員特権を使わず、てめえの財布から出せ!って、近所の爺さんが言うとりました。
逢い引きの話だけの話では無く、国会議員は有権者を代表すると言う立場を弁え、その自覚を持って行動して欲しいもんだ。
今回は国会議員と携帯電話に付いてのエントリだから最後に、日本の政治家で誰が最初に携帯電話を使ったのかと言う話をするが、その答えは官房長官や自民党幹事長を歴任した「野中広務」だと言われている。

まだ携帯電話が殆んど普及していない時に、野中はいち早く携帯電話の便利さに目を付けた訳だ。
各議員の事務所が閉まっていても野中には24時間、何時でも連絡が付くと言う事で、野中に様々な情報が集まり、野中自身も携帯電話を駆使して、永田町内外の情報を集め、自民党内の地位を高めて行き、政界の実力者と言われる迄、登り詰めたとの話だ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« オザワン絡みの替え歌 | トップページ | 東電が原発事故の重大情報を隠蔽 »

政党・政治家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/42087633

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員の携帯電話は特別仕様:

« オザワン絡みの替え歌 | トップページ | 東電が原発事故の重大情報を隠蔽 »