« 政界再編ガラガラポン・その6 | トップページ | もんじゅ、落下物の撤去作業が遂に始まる »

2011年9月13日 (火)

フランスの核処理施設の爆発事故で日本からアドバイス

フランス南部にあるガール県のマルクール原子力関連施設で、現地時間12日の午前11時45分頃に爆発事故があり炎上。
現場は、南部の都市アビニョンから30キロ南方の農業地帯で、この施設の原子炉は稼働していないと言う。
仏地元紙によると、警察は原子力関連施設の一帯の立ち入りを禁止しているが、放射性物質が放出されていない可能性が高い為、住宅からの外出は規制していない。

仏のコシウスコモリゼ環境相は同日、現地を訪問し、「放射性物質の漏出は無い」と安全性を強調したが、仏原子力庁(CEA)等の仏当局は事故原因は不明として、現在、当局や警察が原因を調査中。
事故は、仏電力最大手のフランス電力公社(EDF)の関連会社が運営する施設で、金属等の核廃棄物を溶融する際、爆発が起きた。
死亡した作業員は全身を焼かれ即死状況で、作業員1人も重篤状況(CEA関係者)。

AFP通信によると、この施設の一部は、仏原子力大手アレバが核兵器から抽出したプルトニウムを使い、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の製造に使用している。
事故後、仏政府やEDF等は「被害者には放射能汚染は無く、放射能事故では無く産業事故だ」「作業現場の放射線レベルは非常に低い」と強調。
しかし、である。CEA関係者は事故直後、「低レベルの放射能漏れの危険性がある」と説明している。

一方、イタリア政府幹部らは事故に付いて、「隣国の核施設が事故を起こした際は我々も巻き込まれる」「状況を注視している」と、コメント。
この爆発事故の一報が入った直後から、ネット上でも話題となったのだが、ドイツのヤフー掲示板での反応を見付けたので、以下に貼ってみる。

「次のボジョレヌーボーは暗いところで光ります」
「こんな感じの大丈夫です発言で福島も始まったんだったな…」
「フランスの原発はドイツの年金制度並みに安全ですから!」
「奴ら、日本の事故の後で俺たちの原発なら安全だと怒鳴っててドイツを嘲笑ってたけど、どうすんだろうな」
「政治家たちは原発の周辺3kmエリアに住まなくてはならないという決まりにしろ」
「俺はシベリアに移住する。Sayonara、ヨーロッパ」

以上がネットで見付けたドイツのヤフーでのコメントを抜粋したもの。
日本のネットはと言えば、東京電力の福島第一原発事故以後、原子力関連のニュースには敏感な様で、2ちゃんねる等では事故直後、関連スレの勢いが凄まじかった。
今回の事故に関して、日本と同様にフランスの政府や当局も沈静化に躍起となっているのだが、日本からのアドバイスを以下に書いてみる。

サルコジが「僕は物凄く原子力に詳しい」けど「臨海って何だ?」とか発言したり、パフォーマンスの為にヘリコプターで現地に行ったり、テンパって日本語でもフランス語でも無い様な言葉を、早口で喚き散らしたら注意が必要。
また、政府の広報担当者が「直ちに健康に影響を及ぼさないレベル」とか、「直ちに影響は無い」とか言いつつ、現地に赴く時はフルアーマーの防護服を着用していたら注意が必要だな。

その広報担当者の妻子が、海外に避難しているとかの噂が流れるかも知れない。
フランスの原子力安全保安院みたいな所の広報担当者が、判り易いヅラを被ったり、カラオケ店のVIPルームをラブホテル代わりにして、部下と不倫して更迭される様な事が有ったら、注意が必要かも知れない。
そして、「爆破弁が云々」とか、「プルトニウムは食べても安全」と、真面目な顔をして馬鹿な発言をする原子力の専門家が居たら、二度とメディアに出さない方が世の為、人の為だろうな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 政界再編ガラガラポン・その6 | トップページ | もんじゅ、落下物の撤去作業が遂に始まる »

様々な話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/41669638

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの核処理施設の爆発事故で日本からアドバイス:

« 政界再編ガラガラポン・その6 | トップページ | もんじゅ、落下物の撤去作業が遂に始まる »