« 静岡県の川勝知事、また逆ギレ | トップページ | 松本龍、キレて知事とマスコミを恫喝 »

2011年10月27日 (木)

日本のスパコンが7年振りに世界一

このエントリはネッタイムス・ブログのアーカイブと言う事で、過去ネタなので時期や状況が違うのだが、宜しく。

民主党が政治パフォーマンスで遣った事業仕分けで、予算削減されながらも、理化学研究所と富士通が共同で開発中のスーパーコンピューター(スパコン)「京」の計算能力が世界1位となり、日本のスパコンが7年振りに世界一に返り咲いた。
日本のスパコン開発は、2004年11月にアメリカに世界一を奪われ、その後も中国等の新しいライバルが出現する等、開発競争は熾烈を極めている。

そんな中、政府は09年11月の事業仕分けで、10年度分の次世代スパコン開発予算(約268億円)に付いて、事実上の予算凍結と判定。
この時に仕分け人を務めた蓮舫行政刷新相が「2位じゃ駄目なんでしょうか?」と発言、科学者から批判を浴びた訳だ。
会見でも、事業仕分けに関する質問が相次ぎ、野依理事長は「やっぱり研究はトップを目指さなきゃいけない。科学技術の振興こそが日本の生命線だ」と強調した。

一方、「2位じゃ駄目なんでしょうか?」と言う馬鹿発言をした蓮舫は、「極めて明るいニュース。関係者のご努力に心から敬意を表したい」と述べ、自らの発言に付いては「メディアが勝手に短い部分を流した」と、マスコミに責任転嫁。
そして、「ナンバーワンになる事だけを自己目的化するのでは無く、国民の皆様の税金を活用させて頂いているので、オンリーワンを目指す努力を期待したい」と述べた。

蓮舫はオンリーワンが云々とか、相変わらず言葉遊びをしているけど、意味を判って喋ってる?、オンリーワンのスパコンって何だ?(笑)。
NECの98シリーズになれってか(笑)、98シリーズも日本のオンリーワンだったけど、ウィンドウズ搭載パソコンに駆逐されたよな。
まぁ、あれだね。暗いニュースが続いている日本にとって、久々に明るいニュースだから小言は言うまい。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 静岡県の川勝知事、また逆ギレ | トップページ | 松本龍、キレて知事とマスコミを恫喝 »

様々な話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/42705997

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のスパコンが7年振りに世界一:

« 静岡県の川勝知事、また逆ギレ | トップページ | 松本龍、キレて知事とマスコミを恫喝 »