« 福島女性の母乳からセシウム検出 | トップページ | 皆様のNHKは不祥事のデパート »

2011年10月16日 (日)

日本の暫定基準値は異常な数値

東京電力の福島第一原発事故が起こってから、原発事故の規模で比較対象とされるのが、旧ソ連(ソビエト社会主義共和国連邦、現ウクライナ)で起こったチェルノブイリの原発事故。
そのチェルノブイリ原発のあるウクライナの北隣に位置するベラルーシで、チェルノブイリ原発の事故後、元原子力研究者らが「ベルラド放射能安全研究所」を設立した。

住民の被曝量検査や放射能対策指導等をしており、原発事故による放射能の影響を調べている。
その研究所で、副所長を務めているベラルーシの専門家であるウラジーミル・バベンコが12日、日本記者クラブで記者会見をしたのである。

バベンコ副所長は会見で、福島第一原発事故を受けて、日本政府が設定した食品の暫定基準値が高過ぎると指摘し、「日本の数値は驚きで、全く理解出来ない」と、日本政府を厳しく批判。
バベンコ副所長は、ベラルーシでは食品の基準値を細かく分類している事や、飲料水の放射性セシウムの基準値が1リットル当たり10ベクレル(日本は200ベクレル)である事を例に出し、「日本でも現実の生活に即した新しい基準値を設けられる筈だ」と述べている。

チェルノブイリ原発事故による放射能汚染の影響等を調べている専門家が、日本の暫定基準値は高過ぎると指摘しているのだが、そもそも暫定基準値とは何なのか?。
これに付いて、東北文教大学の松田浩平教授が説明しているので、以下に貼ってみる。

【食料生産者の皆さんへ】国の暫定基準値の500Bq/Kgは、全面核戦争に陥った場合に餓死を避ける為に、止むを得ず口にする食物の汚染上限です。
もしも放射性セシウム137が500Bq/Kg も含まれた食品を3年食べたら、致死量に達します。

全てが基準値ぎりぎりでは無いとしても、重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では、10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。
つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言う事は、その食品を食べた人が10年後に半数は死亡しても構わないと言っているのと同じだと言う事を忘れないで下さい。

追記、500Bq/Kgで止むを得ず食べる場合の期間は3ヶ月とされています。全面核戦争で食べ物が無い場合の基準が規定の2倍の期間も放置されています。

以上が松田教授の暫定基準値に付いての説明なのだが、日本の暫定基準値の数値は異常なのだと気付かされる内容だわな。
日本の暫定基準値は、福島第一原発事故による暫定措置の筈だが、その基準値が平常時と変わらない様に扱われている事は明らかに可笑しい事が判る。
しかし、である。今の日本は暫定基準値が如何にも正しい様な認識を持つ人が多く、福島第一原発事故が起きたから、暫定基準値は仕方が無い事だと我慢しているのではないか?。

そんな貴方は、「ウクライナ基準」と言う言葉を御存知か?、最近、日本の外食産業では「当店は厳しいウクライナ基準をクリアしてますので安心です。」と、謳い文句にしている店が、余り多くはないのだが見られる。
そこで、日本と同じく原発事故が起きたチェルノブイリ原発があるウクライナの基準は、どうなんだろうか?、と言う事で、先ずは簡単にウクライナ基準を書いてみる。

ウクライナ基準とは、1986年のチェルノブイリ原発事故後、ウクライナが制定した食品の安全基準である。
許容される放射性セシウムは、果物が1キロ当たり70ベクレル以下、野菜は40ベクレル以下であり、日本の暫定基準値500ベクレルを大きく下回っている訳だ。。
チェルノブイリ原発事故が起きたウクライナでは、原発事故が起きたからこそ、基準値を厳しくして、放射能汚染が与える国民の健康被害を防ごうとしている事が判るのだが、では、日本の基準値はどうだろうか?。

ウクライナのチェルノブイリと日本の福島は原発事故が起きて、高濃度の放射能汚染に悩まされると言う同じ境遇を持ちながら、対処の仕方が丸っきり違い、片や国民の健康、片や生産者の保護なのである。
長期スパンで考えれば、10年後、20年後、どちらの基準値が正しいのかは、想像力を働かせれば判るだろう?。

ウクライナの基準は国民の健康を考えての数値なのだが、その基準で本当に大丈夫なのかと言えば、正直、判らないが、ウクライナではチェルノブイリ原発事故後、放射能の影響と思われる奇形植物や奇形動物、そして、余り詳しくは書きたくはないので、想像力を働かせて欲しいのだが、同じ様な奇形現象が人間にも及んでいる事実を元に、決められた基準なのである。
外部被曝、内部被曝と、放射能の影響は計り知れない中、日本の暫定基準値は、これで良いのだろうかね?、良くは無いよね。

これらの事実を日本のマスコミは殆んど報じないのだが、海外メディアは福島第一原発事故での日本政府や東京電力の対応に付いて厳しく報じており、日本の放射能汚染が現在進行形で拡大している事実の詳細も報道している。
今現在、日本の放射能汚染で、どの様な状態なのかを知らないのは、当事国である日本国民なのかも知れない。
では。

関連エントリ
福島原発事故、避難区域と癌に付いて専門家が警告
汚染食品、もはや食べ物では無く放射性廃棄物

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 福島女性の母乳からセシウム検出 | トップページ | 皆様のNHKは不祥事のデパート »

福島第一原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/42530953

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の暫定基準値は異常な数値:

« 福島女性の母乳からセシウム検出 | トップページ | 皆様のNHKは不祥事のデパート »