« 東京で茶摘み体験したらセシウム検出 | トップページ | つこうた?衆議院にサーバー攻撃 »

2011年10月26日 (水)

東電社長、震災当日の行動を隠蔽

このエントリはネッタイムス・ブログのアーカイブと言う事で、過去ネタなので時期や状況が違うのだが、宜しく。

東京電力の福島第一原発事故により、日本の空と海と大地に放射能を撒き散らして、エラい事になっている訳だが、原発事故の裏には、東電の勝俣恒久会長の娘婿である清水正孝社長が進めたコスト削減によって、原発の安全性を軽視した事も原因の一つではないかと言われている。

そのコスト削減路線の主導者で、コストカッターとして知られる清水社長の、東日本大震災が発生した3月11日の行動が27日に明らかになったのだが、東電が説明していた「関西財界人との会合の為の出張」とは異なり、奈良県の平城宮跡や東大寺の見物が主で、平日に夫人と秘書を同伴すると言う観光目的の色彩が極めて強く、業務に相当する様な公式行事は無かったと言う。

清水社長は電気事業連合会(電事連)会長であり、電事連が平城宮跡をメーン会場に開かれた平城遷都1300年祭に協賛している関係で、11日は平城宮跡を視察していた。
視察中の午後2時46分に大震災が発生し、視察を切り上げ、同日夜の宿泊とお水取りの観賞を取り止めた。
その後、航空自衛隊小牧基地から輸送機で東京都千代田区の本店に戻ろうとしたが、輸送機が途中で引き返した為に帰京出来ず、翌12日午前に民間ヘリで東京に戻った訳だ。

関西財界人との会合に付いて、関電首脳は「清水社長に会っていない」と否定し、他の主要関西企業トップも清水社長との懇談を否定している。
東電は清水社長の夫人同伴の関西出張を認めておらず、「清水社長の日程は、相手の居る事なので公表出来ない。否定も肯定もしない」と答えるだけで、何故か詳細を明らかにしていないのだが、隠す様な事なのだろうかね?。

清水社長が平日に仕事だと嘘を吐いて、夫人を同伴して観光旅行していた事を隠したいのかな?、よく判らないのだが、他に何か隠蔽しなければならない複雑な事情が有るのだろうか、不思議でならない。
震災が発生する事を清水社長が予知出来るのなら別だが、震災当日に観光旅行の予定を組んでいた事は清水社長が悪い訳では無いだろう。
それなのに何故、清水社長の行動を隠蔽する必要が有るのだろうか?。

震災発生時、勝俣会長もマスコミを引き連れての中国旅行で東京を不在にしていた事は、東電会長がマスコミ引き連れ旅行でも書いた通り。
勝俣会長が中国旅行を隠したい理由に付いては、原発マネーを使ってマスコミを接待して、東電や他の電力会社に都合の良い情報を流して貰える様に、マスコミを懐柔しようとしている事が発覚するのを嫌がったと言うのは判る。
因みに、この中国旅行に付いては、東電が原発マネーを使ってマスコミを懐柔したお陰で、大手マスコミでは殆んど報じられていないな。

では、清水社長の場合も勝俣会長の様にマスコミを懐柔する等、何か隠す理由が有るのだろうか?。
そんな事は全く関係無く、実は同伴していた女性は夫人では無く、銀座の高級クラブのママでした(笑)。とか。
実は同伴していた夫人は、身長が約2メートルの巨人で、全身毛むくじゃらであり、その昔「ヒバゴン」と呼ばれ山で生息していて、その事実を隠したいばかりに隠蔽した(笑)。とか、まぁ、冗談だけどね。

何れにせよ、何らかの隠したい事実があるのは確かだろう。
それが一体、何なのか?、知りたい様な、どうでも良い様な、そんな事より一刻も早く、福島第一原発事故を収束させて貰いたいもんだわ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 東京で茶摘み体験したらセシウム検出 | トップページ | つこうた?衆議院にサーバー攻撃 »

東京電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/42682046

この記事へのトラックバック一覧です: 東電社長、震災当日の行動を隠蔽:

« 東京で茶摘み体験したらセシウム検出 | トップページ | つこうた?衆議院にサーバー攻撃 »