« 福島原発の汚染水配管が完全に破損 | トップページ | 落語家の立川談志が死去 »

2011年11月22日 (火)

1ヶ月以内に大きな地震が発生?

気象庁は18日、東日本大震災の震源域やその周辺で、1ヶ月以内にマグニチュード(M)7以上の余震が発生する確率は15%との見通しを、地震予知連絡会で発表した。
大地震が発生する確率は、震災前に比べて7倍程度高く、注意が必要と呼び掛けた。
これは15日〜12月14日の1カ月間の発生確率を計算したものだが、15%と言う微妙な数字なので私は余り気にしていなかった。

しかし、である。20日には茨城県北部(M5.3)で地震があり、日立市で震度5強を観測。
そして、21日午後7時16分頃、広島県等で地震があり、同県北部で震度5弱、島根県東部と西部で震度4の揺れを観測したのである。
気象庁によると、震源地は広島県北部で、震源の深さは12キロ、マグニチュードは5.4と推定。

広島では、2001年3月24日に震度6弱を観測した芸予地震(M6.7)が起きているのだが、これは約50年周期で起こる想定の範囲内と言える地震であり、それを除けば広島は地震が少ない地域なのだ。
広島で震度5を超える地震は、06年6年12日に大分県中部(M6.2)で起きた地震により、呉市で震度5弱を観測して以来5年振りの事。
茨城に続き、滅多に地震が起きない地域で大きな地震が発生すると言うから気味が悪い。

また、ニュージーランド自然保護局は16日、ゴンドウクジラ61頭が同国南島北端のフェアウェル岬の浜辺に乗り上げ死亡したと発表、死亡の原因は不明と言う。
ニュージーランド近海でクジラ座礁は年に2、3回発生していると言うのだが、東日本大震災の前にも同じ様な事が起きており、こちらも気味が悪い。

気象庁の発表があった直後に震度5が連発したのだが、これは偶然なのか?、はたまた大きな地震の予兆か?。
何れにせよ、過剰にならぬ程度に注意した方が良いのかも知れないな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 福島原発の汚染水配管が完全に破損 | トップページ | 落語家の立川談志が死去 »

様々な話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/43104939

この記事へのトラックバック一覧です: 1ヶ月以内に大きな地震が発生?:

« 福島原発の汚染水配管が完全に破損 | トップページ | 落語家の立川談志が死去 »