« 時代劇の水戸黄門が遂に終了 | トップページ | TPPと武器を持たない戦争 »

2011年11月13日 (日)

野田首相TPP交渉参加を表明

ドジョウこと野田佳彦首相は11日、首相官邸で記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉に参加する方針を表明した。
12日から参加するAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議の場で「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る事にした」と述べた。

野田首相は、交渉参加を決断した背景に付いて「貿易国として今日迄の繁栄を築き挙げて来た現在の豊かさを次世代に引き継ぎ、活力ある社会を発展させて行くには、アジア太平洋地域の成長力を取り入れて行かなければならない」とコメント。

各国との協議を始めるに当たっては「各国が我が国に求める事に付いて情報収集しながら、あくまで国益の視点に立ってTPPへの結論を得て行きたい」と語った。
TPP交渉参加に反対の山田正彦前農林水産相は11日夜、野田首相の会見内容に付いて「ほっとした。交渉参加表明で無く、事前協議に留まった。党の提言を汲んで踏み留まってくれた」と摩訶不思議なコメント。

山田は反対集会では、野田首相が参加を決断したら、民主党を離党する。と威勢が良かったのだが、離党しないのかい?、それとも、あれは選挙の票目当てで行ったパフォーマンスであり、反対したと言うポーズを取っただけなのか?。
反対集会で山田と一緒に声を上げた議員連中は、野田首相の政治的判断に付いて、どう思っているのか?。と言う事で、光の戦士こと原口一博のツイートを以下に貼ってみる。

@kharaguchi 原口 一博
総理会見を同志とともに聞いています。交渉参加に向け関係国と協議ということを総理は会見で言いました。 これを参加表明という記者がいますが、あくまで予備的交渉を言っているのであり、今までの情報収集をより念入りにやるということであるはずです。

以上が、ハラグチェこと原口のツイートなんだが、コイツも言っている事が可笑しいだろ、何が予備的交渉だよ。
まぁ、小物界の大物と言われるハラグチェの馬鹿さ加減は今に始まった事では無くて、光の戦士こと原口は日和見主義の風見鶏にも書いた通り、菅直人の内閣不信任案の時に、言う事と態度をコロコロ豹変させて、信頼を失った前科があるのだが、また、やらかした様だな。
もうね、こんな中学生の夏休みみたいな顔をした原口なんか相手にするなよ、駄目だろ原口は。

中学生みたいな言動と言えば、交渉参加に反対する民主党の衆院議員5人が10日、輿石東幹事長に離党届を持参して、野田首相の参加表明阻止を嘆願した訳だ。
野田首相が参加表明すれば、5人は離党も辞さないと息巻いていたな。
その5人とは、石山敬貴(宮城4区)、京野公子(秋田3区)、斎藤恭紀(宮城2区)、中後淳(比例南関東)、福嶋健一郎(熊本2区)で、何れも当選1回の議員連中。

勿論、この5人は離党するんだよな?、単なる売名行為のパフォーマンスじゃないのなら、本当に離党しろよ。
いいか、本当に離党しろよ、そうしないと何もしないぞ。これはオフレコです。(松本龍・談)
TPPに反対した山田や原口は単なるガス抜き要員で、この5人はそれらの空気を読めずに行動した馬鹿って事か。

まぁ、TPPを巡る一連の遣り取りは、民主党の大根役者が演じた三文芝居って事で、最初から筋書きが書かれた出来レースだったんだろう、馬鹿らしい話だな。
野党もだらしないよ、今後、TPP問題はどうなるのか?、目が離せないな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 時代劇の水戸黄門が遂に終了 | トップページ | TPPと武器を持たない戦争 »

経済・金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/42989091

この記事へのトラックバック一覧です: 野田首相TPP交渉参加を表明:

« 時代劇の水戸黄門が遂に終了 | トップページ | TPPと武器を持たない戦争 »