« 汚染牛と牛肉の個体識別番号 | トップページ | 地デジ化の嫌がらせテロップ »

2011年11月10日 (木)

TPPは日米修好通商条約

今回は、米国だけが丸儲けの米韓FTA知れば知る程、ヤバいTPPの関連エントリと言う事で。

TPPのテーブルに着くか否かで、賛成派と反対派、慎重派で政治的な駆け引きが続いている。
最終的には、ドジョウこと野田佳彦首相の政治判断で決まると言われているのだが、どうやら野田首相は参加の方針で腹を決めている様だ。

連立政権を組む国民新党の亀井静香代表との8日の会談では、TPP反対派である亀井代表が「前のめりに遣らない方が良い」と慎重に判断する様に求めたのに対し、野田首相は「民主党は意見集約している」等、曖昧な返事に終始。

そして、9日午前の衆院予算委員会で野田首相は、「様々な不安や懸念に答える為、更に説明責任を果たしたい。議論が熟した段階で一定の結論を出す事が必要だ」と述べ、10日に記者会見してへの交渉参加を表明する意向を表明した。

この野田首相の発言の中で「更に説明責任を果たしたい。」とあるが、今までに野田首相の口からTPPに付いて、国民に説明した事が一度でも有ったのかと、小一時間、問い詰めたいね。
更に「議論が熟した段階で一定の結論を出す事が必要だ」とあるのだが、議論が熟した段階で結論を出すのなら、今の段階では早過ぎるだろう。

今までに、まともな議論してないし、賛否両論で議論を熟すのなら、国会でTPPを取り上げてオープンな形で議論すれば良いんだよ、国会で徹底的に遣れって話。
結局の所、野田首相も民主党の十八番である、口先ばかりのペテン師だわな、口ばっか。
野田首相も所詮、鳩山由紀夫や菅直人と同じで、人材不足の素人集団と言われる民主党から選ばれた、無能な首相、つまり野田は無能だ、ノダは無ノゥダ。って、近所の爺さんが言うとりました。

そして、そんな野田にノーだ、ノダにノーダ。と、近所の爺さんが言うとりました。(書かなきゃ良かったかな・・・)
冗談はさておき、野田首相は、普天間問題等で冷えきった日米関係を改善する為、そして、来年の大統領選を前に手柄を挙げたいオバマ大統領の意向を忖度して、日本のTPP参加を早急に表明したい腹積もりなのだろうが、国内で充分な議論が行われていない状況下で、TPP参加を決断するのは拙速であるとしか言い様が無い。

米国はオバマ大統領の「輸出拡大して雇用創出」と言う方針の元、何としてでもTPPに日本を参加させ、日本の市場解放を目論んでいる。
TPPと規制緩和と食品の安全にも書いた様な規制緩和の問題、更には医薬品分野の規制改革も重点要求している事も判明している。
TPPに参加すれば、米国主導で交渉が進み、米国に有利なルールが築かれ、日本に規制緩和を迫るのは明白である。

TPP推進派は、TPPの交渉段階で日本に有利な主張をすれば良いと言うのだが、外交が下手で交渉力が無い日本の代表団が、強かな米国を相手にして、国益を確保する事が出来るのか甚だ疑問である。
この状況を見ると、ペリー提督が率いる黒船襲来を思い出す。

時の政権、徳川幕府はペリー提督ら米国の代表団の圧力に屈して、不平等条約と言われる「日米修好通商条約」を結び、苦労した歴史がある。
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言う言葉があるが、日本は歴史や経験から何も学んでいないのだろうか?。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 汚染牛と牛肉の個体識別番号 | トップページ | 地デジ化の嫌がらせテロップ »

経済・金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/42948376

この記事へのトラックバック一覧です: TPPは日米修好通商条約:

« 汚染牛と牛肉の個体識別番号 | トップページ | 地デジ化の嫌がらせテロップ »