« 鈴木宗男の大地・真民主党と民主党の離党議員 | トップページ | 消費税の増税論と北風と太陽 »

2011年12月29日 (木)

フジテレビの番組で劇団ひとりがブータン国王を侮辱

フジテレビ系で28日に放送された、タモリが司会をしている「笑っていいとも!年忘れ特大号2011」と言う番組で、劇団ひとりとAKB48の秋元才加がブータン国王夫妻に扮して夫婦漫才風の芸を披露した事が、ネット上で波紋を広げている。
事の発端は同番組内で、タレントが物真似をするコーナーがあり、劇団ひとりと秋元才加の2人はブータン国王夫妻に扮して変顔を披露したり、鼻に指を入れる等、国王夫妻を侮辱するかの様な姿を見せたのである。

ブータン国王夫妻が来日した際には被災地を訪問する等、親日家で知られ日本でも人気がある為、ネット上では「失礼にも程がある」「またフジテレビかよ」「日本人がブータン国王夫妻を馬鹿にしていると思われては困る」等の意見が見られ、物真似に不快感を持った視聴者が多い模様。
バラエティ番組でのネタだから、受ければ良いとの安易な考えなのかも知れないが、他国の王族を侮辱すると言う不敬な事をしたら、その国の人々はどう思うかと言う配慮に欠けた、極めて無礼な行為である。

以前、名前も聞いた事が無い様な訳の判らないタレントが、今上天皇の物真似をして物議を醸した事が有るのだが、皇族や王族を茶化したネタで、笑いを取ろうとするのは如何なものかね?。
私事で恐縮だが、今年の1月18日にネッタイムスをブログで再開してから色々とエントリを書いて来たが、当ブログで皇室ネタをメインにしてエントリを書いた事は一度も無い。
何故ならば、当ブログみたいな訳の判らないブログ(笑)で、皇族をネタにしてエントリを書くのは畏れ多いからである。

憲法で天皇は「日本の象徴」と記してあるが、単に象徴だけに留まらず、日本の「文化」「伝統」「歴史」そのものであり、そう言う存在を日本人なら大事にすべきと思う。
これは皇族のみならず、王族制度の国は何処も同じであろうし、それ故に、そう言う大事な存在をネタにして侮辱する事は、その国そのものも侮辱する事になるのである。
よって、今回の様な行為をする品性下劣な輩と、放送したテレビ屋は言語道断であり、ファックとしか言い様が無いな。

フジテレビが異常な事に付いては、フジテレビが叩かれる理由やらフジテレビ偏向報道の余波、花王にも抗議デモとかフジテレビ関係デモの予定等に色々と書いている通りなので、何を今更って感じだが、改めてフジテレビの酷い体質が露呈した訳だ。ファック。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 鈴木宗男の大地・真民主党と民主党の離党議員 | トップページ | 消費税の増税論と北風と太陽 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/43552769

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビの番組で劇団ひとりがブータン国王を侮辱:

« 鈴木宗男の大地・真民主党と民主党の離党議員 | トップページ | 消費税の増税論と北風と太陽 »