« 支那に媚び諂う日本経済新聞の記事と漢字 | トップページ | 野田ドジョウ再改造内閣、森本敏教授が防衛大臣 »

2012年6月 3日 (日)

アダルトサイトやDVDの詐欺に気を付けろ

今回のエントリは「アダルトサイトやDVDの詐欺に気を付けろ」と言う事なのだが、本題に入る前に少しだけ脱線して「エロと文明」に付いて書く。
その「エロと文明」なんだが、私の持論を書くと文明や文化の進化の裏にはエロがある。って事で、長くなるので掻い摘んで書くと、芸術作品の発達にも貢献、カメラや写真、ビデオデッキやビデオカメラ、そしてインターネットの普及の影にはエロがある(笑)。
アダルトビデオが無ければビデオデッキの普及が遅れていたかも知れず、嵌め撮りが無ければビデオカメラの普及も遅れていたかも知れない。

まだパソコン通信が主流の時代、インターネットの黎明期に人気のウェブサイトはアメリカの「プレイボーイ」と「ペントハウス」等のアダルトサイトだったのは有名な話。
北米、南米、欧州、アジア、中東、アフリカ等の世界中から人種の壁を越えエロサイトにアクセスが殺到し、「プレイボーイ」と「ペントハウス」はアクセス数のトップを争っていたのである。
まだインターネットの黎明期でサイト自体が少ない時代だったとは言え、エロが強いのは万国共通であり、まさにグローバリズム「エロは国境を越える」と言う訳です(笑)。

そんなインターネットのアダルトサイトに纏わる話なのだが、「リンク先のアダルトサイトにアクセスしたら料金請求画面が消えない」と言うトラブルに関する相談が増えている様だ。
「個人情報が抜き取られ、事業者から電話やメールで請求が来る」等、スマートフォンを狙った架空請求が急増している事が、東京都の生活文化局の調べで判った。
都内にある消費生活センターに寄せられた相談件数は、2010年度の下半期は10件だったのに対し、2011年度の上半期には139件に急増しているらしい。

「スマートフォンのバナー広告からアダルトサイトにアクセスした。動画を見る為のアプリをダウンロードしたら料金請求画面が消えなくなった。その直後、サイト業者から電話があり、料金4万5000円を請求された。料金に付いての確認画面は無く、有料とは気付かなかった」(20歳代男性)
「無料と思ってスマートフォンでアダルトサイトの動画を見る為のアプリをダウンロードしたら、9万9800円の料金請求画面が消えなくなった。有料を確認出来る画面は無かった。その後、事業者から料金請求のメールが届いた。電話番号も知られた様だ」(50歳代男性)
他にも料金請求の電話や請求メールが届いたケースがあったと言う。

こうした架空請求が増えている事に対し、生活文化局は、料金請求画面を残し、電話やメール等で執拗に請求する事により、利用者を心理的に追い込もうとする手口が目立つ。事業者とは連絡を取らずに無視すべき。また請求等に対しては必要に応じて電話の受信や着信拒否機能の利用、メールアドレスを変更すべきだ。としている。

アダルトサイト関連の架空請求は以前から有るのだが、スマートフォン(スマホ)の普及により手口が巧妙、且つ悪質になって来た。
当ブログのエントリ、キャリアIQでスマホの個人情報がダダ漏れ?スマホの無料アプリが個人情報を無断送信にも書いた様に、スマホ利用者の個人情報が悪質な業者に把握された場合には、架空請求のメールのみならず、直接電話が掛かって来るのは必然だろうし、知り得た個人情報をネタにして架空請求して来るかも知れない。
携帯キャリア(携帯電話通信会社)はスマホの発売に力を入れるのは良いが、スマホから個人情報が流出する危険性に付いての注意喚起も合わせて行わないと、今後、トラブルが増幅して行き大きな社会問題となる可能性が高いだろうし、スマホの利用者も個人情報に付いてのセキュリティを上げる努力が必要だわな。

次の話題もエロに纏わる話で、アダルトDVDを購入した事を理由に突然、偽の告発状が届き、取り下げ料等の名目で金銭を要求されるケースが相次いでいると言う。
今年に入って各地の消費者相談窓口への相談が急増している様で、国民生活センターは購入者の後ろめたい思いに付け込もうとする新手の架空請求として、要求に応じない様に注意喚起している。
国民生活センターによると、各地の消費者相談窓口への相談件数は2011年は4件だけだった。が、今年に入って急増し、5月18日現在で289件に上っていると言う。

アダルトDVDの購入者に告発通知や告発状と称した文書が届き、連絡すると取り下げ料と言う名目で数十万円を請求してくる手口が共通している様だ。
アダルトDVDの購入者リストは、金融利用者(債務者情報)等のリストと同様に重宝され、そのデータベースが悪質な業者に出回っている事は御存知の方も多いと思うが、最近は業者のみならず個人向けにも販売され、その様な裏情報リストが拡散傾向にある為、更に被害者が増える可能性が高い。

後ろめたさから要求された金額を支払ってしまうと、その架空請求に騙されたと言う情報は「鴨リスト」に掲載され、次から次に架空請求されると言う「負の連鎖」に陥る為、絶対に架空請求等の支払いに応じてはならない。
悪質業者は、アダルトサイトの架空請求と同様に、あの手この手を使って巧妙に仕掛けて来るので、それに対応するのは、詐欺の手口を知ると言った知識も必要だが、毅然とした態度を取る事が一番重要なのである。
悪質業者に屈せず、明るく楽しいアダルトライフを送りましょう(笑)。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 支那に媚び諂う日本経済新聞の記事と漢字 | トップページ | 野田ドジョウ再改造内閣、森本敏教授が防衛大臣 »

様々な話題」カテゴリの記事

コメント

pig「未成熟な官能美」というサイトはインチキです。お金を払っても何も連絡がありません。
みんな、だまされないようにしよう!!

ポルノサイトのリスト
http://fapslut.com/ ヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/45515416

この記事へのトラックバック一覧です: アダルトサイトやDVDの詐欺に気を付けろ:

« 支那に媚び諂う日本経済新聞の記事と漢字 | トップページ | 野田ドジョウ再改造内閣、森本敏教授が防衛大臣 »