« 野田ドジョウ再改造内閣、森本敏教授が防衛大臣 | トップページ | 多くの宿題を抱えた原発再稼働 »

2012年6月 8日 (金)

支那の犬、丹羽宇一郎の恥ずべき主張

今回のエントリは「中国」の話なのだが、中国と言っても日本の「中国地方」では無く、「中華民国(台湾)」でも無く、マスコミが挙って「中国」と略称する「中華人民共和国(中共)」の話。
中華人民共和国、つまり「支那」の話なんだけど、中華人民共和国を略称して中国と表す事に付いて、私は書きたい事が犬の糞ほど沢山あるが、それは別の機会に改めて書くとして、今回のエントリは支那に駐在中の丹羽宇一郎と言う大使の、看過し難い話を書く。

既に御存知の方も多いと思うのだが、丹羽宇一郎大使が東京都の石原慎太郎都知事が進めている沖縄の尖閣諸島を購入する計画に付いて、「実行された場合、日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」とした、とても日本の大使とは思えない丹羽の見解が、7日のイギリスの新聞「フィナンシャル・タイムズ」に掲載された事が明らかになった問題。
丹羽は、1日に北京で行われたインタビューの中で、購入計画が1972年の日中国交正常化以降、構築して来た「過去数十年の努力を無に出来ない」とし、ビジネスにも大きな影響を及ぼすと主張している。

私は、日本固有の領土が日本国内の法律に基づいて売買される事に何ら問題は無いと思うのだが、この丹羽とか言う野郎は、伊藤忠商事の元社長と言う肩書きを持つ商売人で、日本固有の領土の保持には関心が無く、支那の御機嫌を窺う事のみに一生懸命だから、今回の由々しき主張に至ったのだろう。
しかし、よくもまあ抜け抜けと、こんな事を恥ずかしげも無く主張出来るもんだと呆れ果てるばかりである。

この看過し難い問題に付いて、マスコミの報じ方に目を向けてみると、前にも書いたのだが、私は「産経新聞」「日本経済新聞」「地方紙」「スポーツ新聞」を読める環境にあり、6月6日の各紙がこの由々しき問題をどんな扱いにしているのかと言えば、産経新聞は一面(西日本13版)に掲載、地方紙は二面の内政・総合面に掲載、スポーツ新聞は言わずもがな扱い無し、そして日本経済新聞(西日本)は四面の政治面に小さく掲載していた。

日経新聞の扱いは、何時も左巻きの主張をする地方紙よりも小さかった訳で、支那のイメージを悪化させると言った記事は、なるべく掲載しないと言う日経新聞らしい姿勢と言うか、流石は支那の拡声器だな。と、日経新聞も売国奴の丹羽と何ら変わりがない事を露呈したのである。
日経新聞は「日本」と言う文字を外して「支那経済新聞」とでも名乗ったら如何か?。

当ブログのエントリ、支那に媚び諂う日本経済新聞の記事と漢字にも書いた通り、日経新聞は渡辺某のエロ小説を連載していたが、それと比べ物にならない程、恥ずべき行為である。
日経新聞の厚顔無恥な報道姿勢には義憤を覚えるが、それは一先ず置いといて、産経新聞の一面(13版)に掲載の丹羽に関する記事を以下に書き起こしてみる。

「知らない。言わせておけばいい」
東京都による沖縄・尖閣諸島の購入を批判した丹羽宇一郎駐中国大使の発言に対し、石原慎太郎知事は7日、不快感を隠さなかった。都内で産経新聞の取材に答えた。

藤村修官房長官は記者会見で、丹羽氏の発言を「政府の立場を表明したものでは全く無い」と否定した。
民主党の前原誠司政調会長は「大使の職権を超えており、適切な発言では無い」と強く批判し、「私は東京都よりも国が買うべきだと考える」と述べた。

丹羽氏を巡っては今回の英紙インタビューに先立つ5月4日にも、訪中した横路孝弘衆院議長と習近平国家副主席との会談に同席し問題発言をしていた事が7日、分かった。

丹羽氏は習氏に対し、日本国内で石原氏による沖縄・尖閣諸島の購入表明を支持する意見が多数を占める事に付いて、「日本の国民感情はおかしい」と述べていた。複数の横路氏同行筋が明かした。
丹羽氏はこの際、「日本は変わった国なんですよ」とも語っていたと言う。

横路氏同行筋の一人はこう振り返る。
「あの人は中国べったり。外交官じゃなくて商社マンだ。重視しているのは国益か社益か分からない」
だが、丹羽氏が「中国最強商社」を自任し、対中ビジネスを重視して来た伊藤忠商事の社長経験者である事は、就任前から懸念されていた事だ。

その丹羽氏を「政治主導」の象徴として、民間から初の中国大使に起用したのは民主党政権だ。野党からは当然、「その大使の言動に付いて民主党の責任は免れない」(自民党の世耕弘成参院議員)と任命責任を問う声が出ている。

外交・安全保障の門外漢であり、出身会社を「人質」に取られた形の丹羽氏の起用は、「日本は領土問題を含む政治的課題よりも経済関係を重視する」と言うメッセージとして中国に受け止められていた可能性すらある。

実際、丹羽氏は既に役割を終えた対中政府開発援助(ODA)を日中関係改善のため「続けるべきだ」と主張する等、中国側の意向に配慮を示す例が目立つ。
こうした不規則発言の連続に、これまで丹羽氏を守ってきた外務省内からも「伊藤忠が中国にモノを言える訳が無い」(幹部)と冷めた声が聞こえる。

丹羽氏起用を主導した岡田克也副総理も今では丹羽氏が大使として機能していない事を暗に認め、周囲に「政権交代のコストだ」と漏らしていると言う。

結局、外交の重要性を弁えない民主党政権の在り方が、専門家でも何でも無い民間人の駐中国大使起用と言うパフォーマンスを生み、今や深刻な実害を招いている。

以上が産経新聞の記事を書き起こしたものなのだが、本文をそのままでは無く、読みづらかったので、一部を平仮名から漢字に変換して書きました(笑)。
何時も書いているのだが、最近の新聞は平仮名が多くて読みづらく感じる。
まぁ、その件に関しては当ブログで何度も書いているので、それはそれとして本題に戻すと、玄葉光一郎外務大臣は7日、この問題に関し、外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長を通じて、「発言は政府の立場と異なる。気を付けて欲しい」と注意し、丹羽は受け入れる考えを示したと言う。

尖閣諸島に付いて政府は「日本固有の領土で、領土問題は存在していない」との立場を示しており、丹羽の発言は「中国との間に領土問題があると受け取られかねない」(外務省幹部)として、看過し難い問題なのだが、玄葉外務大臣は丹羽の処分に付いて、「一切、こう言う事が無い様にすると言う事なので、今はそう受け止めている」と述べ、現時点では検討していないと言う。

「ポン中」みたいな目をしている玄葉外務大臣は、目が怪しいだけでは無くて、2〜3本位「ヒロポン」を射った様に思考もポン中なのか?、丹羽の処分を検討していないってのは、どう考えても正気の沙汰とは思えない。と、近所の爺さんが言うとりました(笑)。って、笑い事では無いけどね。
何処の国の代表か判らない様な丹羽みたいなのが大使を務めている事も問題だが、この件をお咎め無しって、玄葉外務大臣は何を考えてんの?。

玄葉外務大臣はヒロポン射ってるのか知らないけど、私は余りに腹立たしいやら胸糞悪いやらで「鎮静剤」でも射たないと遣ってられないよ、全く。
まぁ、あれだ。民主党政権がこの問題に関して今後、どう動くのか注意深く見守る必要が有りそうだな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 野田ドジョウ再改造内閣、森本敏教授が防衛大臣 | トップページ | 多くの宿題を抱えた原発再稼働 »

様々な話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/45578397

この記事へのトラックバック一覧です: 支那の犬、丹羽宇一郎の恥ずべき主張:

« 野田ドジョウ再改造内閣、森本敏教授が防衛大臣 | トップページ | 多くの宿題を抱えた原発再稼働 »