« 野田首相、16日に衆院解散を明言 | トップページ | 政治評論家の三宅久之が死去 »

2012年11月15日 (木)

野田首相の解散表明による影響

今回は、当ブログのエントリ、野田首相、16日に衆院解散を明言の続報と言う事で。

前述したエントリに書いた通り、「嘘吐き総理」こと野田佳彦首相が14日の党首討論で「16日に衆院解散」すると明言した事は、永田町の内外に大きな大きな波紋を広げている。
解散総選挙で大敗が予想される民主党内はパニック状態となり、選挙基盤の弱い若手議員連中は「大惨敗になる」と、悲壮感を漂わせている。

民主党は、衆院での過半数割れが時間の問題と言われ、離党の動きに歯止めが掛からない状態であり、且つ衆院で内閣不信任案が可決されれば、野田内閣は総辞職に追い込まれると言う瀬戸際の政権運営が続いており、野田首相は、このまま綱渡りの状態をダラダラ続けるよりは解散が得策と判断したのではないか。

解散の先送りを模索する動きも民主党の一部に有る様だが、野田首相は党内で「野田降ろし」のクーデターが起き、首相の座から引き摺り降ろされる前に解散表明する事で、それらの動きに対して先手を打った形となった。

ルーピーこと鳩山由紀夫元首相は14日、野田首相が16日に衆院解散を表明した事に付いて、相変わらず、熱に浮かされた様に、視線が宙を彷徨いながら、「御自身や民主党執行部のみの発想で、党や国民はお構い無しだ。国民不在の解散だ」と述べた。

ルーピー鳩山グループが14日に開いた会合では、「内閣不信任決議案に同調する事で解散を阻止出来ないか」との意見も有り、首相の解散表明後も往生際が悪く、野田降ろしを画策している様だ。

野田首相の解散表明でパニック状態となったのは民主党だけでは無く、「12月16日投開票」と言われている解散総選挙に付いて、日本維新の会や太陽の党等の第三極は意表を突かれた様で、「野田首相にやられた。準備が間に合わず、新人は戦いにもならない」(日本維新の会、大阪府議)等と、苦しい選挙戦になる見方を示した。

日本維新の会の代表を務める大阪の橋下徹「機長」じゃなかった「市長」は14日、「いよいよだ。『人生1回こっきりの大勝負』と何度も言って来たが、本当の意味での大戦(おおいくさ)。自分の力を全て出し尽くす」と述べ、準備が整う前の解散総選挙となったが、全力で戦い抜くと意気込みを語った。

石原慎太郎前都知事が率いる太陽の党は、第三極を結集しての大連合を目指しており、16日に維新の会との政策協議を予定しているが、原発や消費税、憲法改正に関する政策で調整出来るのかが焦点となる。
政策協議が曖昧なまま第三極の結集を優先すれば、野合との批判を受けるだけだ。
太陽の党の平沼赳夫共同代表は「率直に言って、もう少し時間が欲しかった」と、苦しい胸の内を吐露した。

野田首相の解散表明によって「12月16日投開票」が予想される総選挙なのだが、このまますんなり解散して総選挙となるのか?、暫くは永田町の動きから目が離せない様だ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 野田首相、16日に衆院解散を明言 | トップページ | 政治評論家の三宅久之が死去 »

野田佳彦首相」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/47847106

この記事へのトラックバック一覧です: 野田首相の解散表明による影響:

« 野田首相、16日に衆院解散を明言 | トップページ | 政治評論家の三宅久之が死去 »