« 2012衆院選、開票速報番組の話 | トップページ | ペニオク手数料詐欺事件で松金よね子は被害者 »

2012年12月21日 (金)

週刊朝日、不正に広告料を要求か

「赤が書き、ヤクザが売って、馬鹿が読む」と揶揄される「朝日新聞」なんだが、その朝日新聞の子会社「朝日新聞出版」が発行する「週刊朝日」が、又々、何やら、やらかした?。と、話題になっている。
週刊朝日とは、先述した様に現在は朝日新聞出版が発行(毎週火曜日発売)しているのだが、2008年3月迄は朝日新聞社が発行していた老舗週刊誌(1922年創刊)の事。

週刊朝日と言えば、「日本維新の会」代表代行を務める、大阪の橋下徹市長に関する連載記事「ハシシタ・奴の本性」の第1回(2012年10月26日号)で、橋下市長が大阪府八尾市の被差別部落出身であるとして、その被差別部落の地域を実名で掲載したり、DNAや先祖を理由に人格否定した記事を掲載して、社会問題となったのは記憶に新しい所。

その悪名高い週刊朝日が、である。今度は一般社団法人の名前を無断で使って、複数の病院に100万円以上の広告料を要求したと言うのだ。
流石にこれは、どう見ても週刊朝日は詐欺行為に当たるのでは?として、ネット上で話題になっている。

これは「週刊朝日」が、一般社団法人である日本肝胆膵外科学会(宮崎勝理事長)の名前を無断で使用し、複数の病院施設に対し多額の広告料を要求していた事が判明した為、同学会が週刊朝日側に抗議文を送付したと言う問題。
日本肝胆膵外科学会は、約3500人の会員医師に対し、公式サイト上に「緊急のお知らせ」として、注意を呼び掛けているのだが、その告知文を以下に貼ってみる。

緊急のお知らせ
(週刊朝日からの特別広告企画の案内について)

前略
本日、週刊朝日が2013年2月発売予定の「手術数でわかるいい病院 2013 全国」に掲載する広告企画の案内を、【取材協力:日本肝胆膵外科学会 理事長 宮崎勝】と表し、多くの病院施設に広告掲載を持ちかけ、広告料として100万円以上のお金を要求していることが判明いたしました。

本学会および宮崎個人は、週刊朝日の同企画に対し、一切の関わりを持っておりません。
その旨ご承知いただき、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

なお、本学会として、このような広告掲載企画を無断で各施設に案内している週刊朝日に対し、抗議文の送付ともに説明を求める予定です。
事情が明らかになり次第、本学会会員の皆様に報告申し上げます。

今後とも本学会へのご支援・ご協力をお願い申し上げます。
草々

以上が、日本肝胆膵外科学会が公式サイト上に掲載した告知文なのだが、週刊朝日は2013年2月発売予定の「手術数でわかるいい病院2013」に掲載する広告企画で、学会と理事長名を無断で表記し、多くの病院に広告料として100万円以上を要求していた訳である。

産経新聞の記事に依ると、広告掲載は12〜130万円だが、2013年版の広告募集は始めたばかりで、まだ申し込みは無いらしい。
週刊朝日は産経新聞の取材に、「広告会社に依ると、宮崎先生は取材に応じて頂いたとの事。『一切関わりを持っていない』とされている事には、些か当惑している」と回答、「直接会って説明する」としている。

週刊朝日のコメントに、「宮崎先生は取材に応じて頂いた」として、「一切関わりを持っていないとされている事には、些か当惑している」と有るのだが、取材対象と広告の問題を混同しちゃ駄目だろ。
学会と宮崎理事長が、広告に使われる事を承知していないから、無断で名前を使用して、病院に多額の広告料要求したと批判されている訳である。
「屁理屈と膏薬は何処にでも付く」と言う言葉が有るが、週刊朝日のコメントは単なる屁理屈である。

週刊朝日と、その親会社の朝日新聞は、問題発覚する度に、ああだこうだとコメントするが、その言い訳が毎回見苦しい。
先述した連載記事「ハシシタ・奴の本性」が問題となった時に朝日新聞社は当初、自社と週刊朝日は無関係だと言い訳したが、直ぐに週刊朝日の発行元である朝日新聞出版は、朝日新聞社の100%子会社であると指摘され、「御免なさい」したと言う前科がある(笑)。って、笑い事では無いが、呆れて笑ってしまう。

まぁ、あれだ。無断で病院に多額の広告料要求したと言う今回の問題の顛末が気になる所だが、一連の内容が事実であれば、詐欺事件となる。
「ハシシタ・奴の本性」の問題は11月12日に、朝日新聞社の第三者機関「報道と人権委員会」が、橋下市長に問題の詳細を説明して謝罪し、朝日新聞出版の神徳英雄社長が引責辞任している。が、である。詐欺事件に発展すれば、社長の辞任と言うレベルでは無く、間違いなく「廃刊」になるだろう。

この問題の動向が大いに気になる所だが、最後に言っておくが、くれぐれも朝日新聞社とは無関係の「朝日出版社」には、「電凸」とか抗議をしない様に(笑)。
ツイッターで橋下市長が、朝日出版社と朝日新聞出版を勘違いして批判してから、間違えられた朝日出版社には、抗議が殺到して大変だったらしいからね。

朝日新聞出版と朝日出版社は無関係であり、「アサ芸」こと「週刊アサヒ芸能」も朝日新聞とは関係有りません。
「アサ芸」は徳間書店だから、間違えて「電凸」とか抗議をしない様に(笑)。
では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 2012衆院選、開票速報番組の話 | トップページ | ペニオク手数料詐欺事件で松金よね子は被害者 »

マスコミ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/48403840

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊朝日、不正に広告料を要求か:

« 2012衆院選、開票速報番組の話 | トップページ | ペニオク手数料詐欺事件で松金よね子は被害者 »