« お花畑の左巻きとアルプス一万尺 | トップページ | 北朝鮮が打ち上げたのは本当に人工衛星? »

2012年12月12日 (水)

北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射

北朝鮮は12日午前9時51分に東倉里の発射場から、「人工衛星」と称する事実上の長距離弾道ミサイルを発射。
日本政府は、北朝鮮が発射した「人工衛星」と称するミサイルは、同10時5分にフィリピンの東約300キロメートルの太平洋上に落下した模様と発表した。
北朝鮮の朝鮮中央放送と平壌放送は、東倉里の「西海衛星発射場」から、運搬ロケット「銀河3号」を使って人工衛星「光明星3号」の軌道進入に成功したと報じた。

北朝鮮は12月1日、人工衛星「光明星3号」を運搬ロケット「銀河3号」で10〜22日に打ち上げると発表。
しかし、である。9日には「一連の事情が生じて、打ち上げ時期を調整する問題を慎重に検討している」と異例の発表を行い、10日には「最終的な準備作業の過程で、1段目のエンジン制御システムに技術的欠陥が発見された」として、予告期限を29日迄に延長していた。

更に、韓国政府筋の話として、北朝鮮が長距離弾道ミサイルの解体作業を始めた兆候があるとし、発射延期の可能性を示唆していたのだが、それらの情報を嘲笑うかの様に、今回ミサイル発射となった訳だ。
「嘘吐き総理」こと野田佳彦首相は、ミサイル発射に付いて「極めて遺憾であり、容認出来ない。北朝鮮に強く抗議した。厳しく対応したい」と批判。
藤村修官房長官は、「北朝鮮に発射の自制を求めて来たにも拘わらず、強行した事は極めて遺憾だ。我が国として容認する事は出来ず、厳重に抗議する」と述べた(笑)。

おいおい藤村よ、「発射の自制を求めて来たにも拘わらず、強行した事は極めて遺憾だ。」だと?。
藤村は当ブログのエントリ、北朝鮮はミサイルをさっさと打ち上げろにも書いた様に、7日には「さっさと月曜日(10日)に上げてくれると良いんですけどね」と、微笑みながら言っていただろうが、どの面下げて「自制を求めて来た」とか「極めて遺憾」とか言えるんだよ、笑わせるな(笑)。って、笑い事では無いんだよ。

どうせなら藤村も開き直って、「遅いじゃねえか、もっと早く月曜日に打てよ、トロトロしてんじゃないよ、この遅漏野郎」とか、「銀河とか光明星とかSFチックな名前を付けてんじゃねえよ」やら、「人工衛星が軌道進入に成功したとか嘘を吐いてんじゃねえよ、太平洋上に落下してんだろうが、この法螺吹き野郎」とでも言えよ(笑)。

まぁ、あれだ。北朝鮮がミサイルを発射したから、これで藤村も地元に帰って思う存分、選挙運動が出来るから良いんじゃないの?。
だけどね、自身の選挙運動とミサイル発射を「秤に掛ける」、藤村みたいなのが官房長官を遣ってる日本政府とは何なのさ?。って事で、これは藤村に限った話では無いと思うが、日本と言う国の安全保障より、選挙の事で頭が一杯なのが、日本の政治家の姿なんだろう。
勿論、まともな政治家も居るのだろうけど、日本の未来は暗いな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« お花畑の左巻きとアルプス一万尺 | トップページ | 北朝鮮が打ち上げたのは本当に人工衛星? »

民主党」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/48298515

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射:

« お花畑の左巻きとアルプス一万尺 | トップページ | 北朝鮮が打ち上げたのは本当に人工衛星? »