« 来るべき総選挙での投票先を悩む | トップページ | 日本未来の党、比例の届け出で大混乱 »

2012年12月 5日 (水)

歌舞伎俳優の中村勘三郎が死去

歌舞伎界の人気俳優で、テレビ等でもお馴染みの中村勘三郎(57)が、5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群の為、東京都内の病院で亡くなった。
中村勘三郎は、昭和30年に父・先代勘三郎、母・先代菊五郎の娘の子として東京で生まれ、昭和34年に3歳で五代目中村勘九郎を襲名し、「昔噺桃太郎」の桃太郎役で初舞台を踏み、立役から女方まで様々な役柄を演じて、歌舞伎界の人気俳優となった。

私は歌舞伎の世界は門外漢だが、「元禄忠臣蔵」や「髪結新三」、獅子の舞を表現する「鏡獅子」等の演技で高い評価を得ていると言う。
また、歌舞伎の魅力を幅広い世代に伝える活動にも力を入れ、平成6年から古典歌舞伎の演目を再構成した「コクーン歌舞伎」を上演し、平成12年には、江戸時代末期に浅草にあった芝居小屋を「平成中村座」として復活させた。

平成16年には、アメリカのニューヨークで平成中村座の公演をする等、日本の歌舞伎文化を海外に浸透させる活動にも貢献している。
平成17年に3歳から名乗って来た中村勘九郎を改め、人間国宝だった父親の後を継いで、江戸時代から続く大名跡である中村勘三郎を襲名した。
勘三郎は歌舞伎のみならず、テレビのドラマやバラエティー番組、トーク番組やコマーシャルにも数多く出演し、平成11年にNHKの大河ドラマ「元禄繚乱」で、主人公の大石内蔵助を演じている。

勘三郎は喋りが上手くて面白く、ついつい聞き入ってしまう様な感じで、歌舞伎の枠を越えて愛された人だったね。
しかし、ここ数年は体調不良に悩まされ、一昨年の12月には突発性の難聴と診断されて休養したが、去年9月から舞台に復帰していた。
しかし、である。今年6月には初期の食道癌が見つかり、その後は肺も患い、来年4月に開場する新しい歌舞伎座で舞台に立つ事も無く、5日午前2時33分に入院先の病院で亡くなった。

私は、勘三郎と言うよりは、勘九郎の名前の方が馴染みが有るんだが、若い時分から浮き名を流したり、酒を呑んで派手に遊んでいたりと、まぁ、色々と有った人だから、十分に人生を「粋に」生きて来たんじゃないの。
人生は長い短いでは無くて、その人生をどう生きたかだから、そう言った面では勘三郎は楽しい人生だったと思うけどね。合掌。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 来るべき総選挙での投票先を悩む | トップページ | 日本未来の党、比例の届け出で大混乱 »

様々な話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/48094544

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎俳優の中村勘三郎が死去:

« 来るべき総選挙での投票先を悩む | トップページ | 日本未来の党、比例の届け出で大混乱 »