« 第二次安倍内閣が発足と空き菅 | トップページ | ノロウイルスはアムロ・レイ »

2012年12月27日 (木)

小沢一郎と嘉田由紀子が成田離婚

今回は当ブログのエントリ、日本未来の党はレミングの群れの関連エントリと言う事で、約束手形を不渡りにした中小企業の社長みたいに、「しけた面」をしている滋賀県の嘉田由紀子知事が代表を務める「日本未来の党」に纏わる話。
本当は、前頭葉が退化した様な時代錯誤の左巻きである嘉田由紀子と言う輩に関する話は書きたくないんだよ。
何でかと言うと、嘉田由紀子と言う御仁に関わったら、運気が悪くなりそうでね(笑)。

この人が代表を務める政党から立候補したら、落選しそうな感じがするでしょ?、この嘉田由紀子と言う御仁は「疫病神」とか「貧乏神」みたいな雰囲気を醸し出しているのう。って、近所の爺さんが言うとりました(笑)。
不渡り手形を出した社長みたいなイメージの嘉田由紀子代表は、何せ「女ルーピー」と呼ばれているんだから、話にならないよ。

前にも書いたが、本家「ルーピー」こと鳩山由紀夫元首相の「由紀夫」と、嘉田由紀子代表の「由紀子」が似ているって事と、本家のルーピー鳩山みたいに、発言が荒唐無稽で何を言っているのか「ワケワカメ」じゃなかった「訳が判らない」所も「そっくり」だから、「女・鳩山由紀夫」とか「女ルーピー」と揶揄される訳だ。

こんな人が代表を務める政党だったら、結成して1ヶ月程度で党が「分裂」しちゃいますよ(笑)。って、笑い事では無くて、本当に党が分裂しちゃった。
未来の党の代表人事を巡る嘉田代表と小沢一郎の軋轢で、党は分裂状態となった(笑)。
もうね、何が何だか訳が判らない政党だから、書きたくなくても書かざるを得ない。
それが人情ってもんじゃ。って、近所の爺さんが言うとりました。

脱原発勢力の結集を目指して衆院選に挑んだ未来の党は、結成から僅か1ヶ月で破綻状態なのだが、嘉田代表は26日に「小沢さんとは『成田離婚』ですね」と述べている(笑)。
私は、この「成田離婚」と言うフレーズを聞いた瞬間に思わず笑ってしまったが、思えば嘉田代表の発言で笑いながら「その通り」と頷き、上手い事を言うから「山田君、座布団三枚」と囁いたのは初めての事だ(笑)。

こうなったら嘉田代表は、鳩山由紀夫とペアを組んで「由紀夫と由紀子」とか「ダブル・ルーピー」とかの名前を付けて、漫才コンビとして売り出したらどうか?。
萎びた温泉街の片隅に在る、薄汚れた「ストリップ劇場」で、ストリッパーが入れ替わる間に漫才をしたら、「大ウケ」間違いないと思うが、どうだろうか?。
いっその事、嘉田代表も漫才のみならず、ストリッパーとして踊れば良いかも知れないぞ(笑)。

萎びた温泉街の片隅に在る、薄汚れた「ストリップ劇場」だったら、客の年齢層も高いだろうし、嘉田代表と年齢も変わらないストリップも居るかも知れないし、「年増のストリッパー」が大好きと言う、物好きな客も一人か二人は居るかも判らんし、温泉に浸かって酒を呑む様な老人だったら、酔眼朦朧としていて、ストリッパーなら誰が踊っていても判らないかもな。
因みにワシは、若いストリッパーの方が良いわい。って、近所の爺さんが言うとりました(笑)。

まぁ、あれだ。話が変な方向に進んで来たので本題に戻すと、日本未来の党は、「神輿は軽くてパーが良い」が持論の「オザワン」こと小沢一郎が、嘉田由紀子を担いで作った政党である。
私は今までに何度も書いているが、オザワンが何故に、時代錯誤の左巻きである嘉田由紀子と言う御仁を担いだのか、意図が全く判らない。
「お酒は温めの燗が良い、神輿は軽くてパーが良い」ってだけで、本当に嘉田由紀子と言う御仁を選んだとすれば、オザワンも勝負勘が衰えたなとしか言い様が無いな。

しかも、結党から1ヶ月程度で、党内が内輪揉めでゴタゴタして破綻状態なんだから、何がしたくて政党を作ったのか判らんよ。
そんな状況に嫌気が差した亀井静香は26日、「この党には未来は無い。遣って行けない」として離党する意向を固め、嘉田代表に電話で伝えた模様。
亀井は、都内でオザワンとも会談したらしく、関係者に依ると、亀井は小沢一派議員らの行動を批判し、「早く別れた方が良い」と解党も促したが、オザワンは明言を避けたと言う。

亀井が離党を決めた理由が、「未来の党には未来は無い」だから(笑)、内部の人間に未来は無いと言われたら、お終いだわな。
亀井と言えば、選挙では鉄板の強さを誇っており、選挙の開票速報番組でも、毎回早い内に当選確実が出でいたのだが、今回の選挙は疫病神の嘉田由紀子と関わったばっかりに、選挙で苦戦してしまった。
保守の亀井静香が、残留左翼の嘉田由紀子と言う御仁が代表を務める政党に入ったら、そりゃ亀井の支持者も戸惑いますわな、亀井も支持者を右往左往させちゃいかん。って、近所の爺さんが言うとりました。

亀井静香も、どうせ離党するのなら、最初から未来の党と言う政党に合流しなきゃ良かったんだよ。
当ブログのエントリ、来るべき総選挙での投票先を悩む等にも書いた様に、私は選挙で「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」に清き一票を投じるつもりだった訳だ。
それが、お花畑思考の嘉田由紀子とか言う訳の判らないのが代表を務める未来の党とか言う政党に合流したばかりに、私が投じるつもりだった政党は消え失せてしまった。

本来ならば、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」が合流した未来の党に、私の清き一票を投じるのが筋なんだろうけど、どうしても未来の党を支持する事が出来なかった。
その原因に付いては、これ迄に何度も書いている通り、代表を務める嘉田由紀子と言う御仁を支持する事が出来ないからだ。

滋賀県の人々が、知事に選んだ嘉田由紀子と言う御仁を、あんまり悪く書くのは気が引けるのだが、何でこんなのが政治に関わっているのか理解に苦しむし、出来る事なら知事職に専念して、国政に進出して欲しく無い。
今後、滋賀県の人々に頼みたい事は、嘉田由紀子に首輪をして鎖を付けて、その鎖の長さを調整し、滋賀県から出ない様にして貰いたいね、マジで。

嘉田代表は琵琶湖の畔で、鳩山由紀夫と漫才の稽古をして、滋賀県内の萎びた温泉街で、その漫才を披露しながら、細々と暮らして欲しいもんだ。
まぁ、あれだ。亀井静香や小沢一派が居なくなった後の未来の党は、このまま消え去るか社民党と合流するのかは知らないけど、未来の党は「ノーフューチャー」だ。
「未来の党、選挙が終われば、過去の党」と一言述べて、今回のエントリを終わりにする。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 第二次安倍内閣が発足と空き菅 | トップページ | ノロウイルスはアムロ・レイ »

政党・政治家」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/48491110

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎と嘉田由紀子が成田離婚:

« 第二次安倍内閣が発足と空き菅 | トップページ | ノロウイルスはアムロ・レイ »