« 衆院選の選挙を無効とする判決 | トップページ | 遅ればせながら乗るしかない、このビッグウェーブに »

2013年3月28日 (木)

無主物と週刊朝日と室井佑月

今回のエントリは、「無主物」と「週刊朝日」と「室井佑月」と言う三つのキーワードが登場するのだが、これらのキーワードを押さえた上で、今回のエントリを読むと更に楽しめる・・・筈である、多分ね(笑)。
「無主物」とは当ブログのエントリ、原発の放射性物質は無主物?にも書いているのだが、東京電力とゴルフ場で争われた裁判の中で、東電側から発せられたのがこの「無主物」と言うフレーズ。
このエントリを読むと、東電側の言い分に対して「憤懣遣る方無い」思いが募る。

「週刊朝日」に付いては当ブログのエントリ、週刊朝日、不正に広告料を要求かにも、週刊朝日に纏わるエントリを書いているのだが、週刊朝日とは「赤が書き、ヤクザが売って、馬鹿が読む」とか「アカヒ新聞」やら「朝鮮日報、略して朝日」とか「築地をどり」と揶揄される「朝日新聞」の子会社である「朝日新聞出版」が発行する週刊誌の事。
「築地をどり」とは、踊り子(記者)全員が左に傾きつつ旋回し、土下座を繰り返す事を特徴とする日本舞踊の流派の事で、「ホモ勝」とか「ホモかっちゃん」こと勝谷誠彦が、朝日新聞の左巻き偏向報道を揶揄した造語である。

因みに、この「築地をどり」は、東京築地の朝日新聞で定期公演していると言う(笑)。って、笑い事では無く、従軍慰安婦問題は朝日新聞に依る捏造なんだから、朝日新聞の事は笑ってばかりいられない。
笑ってばかりいられないと言えば、ホモかっちゃんは、「たかじんのそこまで言って委員会」を降板させられたとか、降板したとか色々と噂されていたが、あれの真相はどうなんだろうね?。
まぁ、あれだ。話がオヅラこと小倉某のヘアスタイルみたいに、微妙にずれそうだから本題に戻す。

「室井佑月」に付いては当ブログのエントリ、福島の野菜を食べさせるのは可哀想を読んでみて下され。
因みに、室井佑月の「佑月」は「ゆづき」と読むのだが、そんな説明は不要だろうか?。
何でこんな事を書くのかと言えば、佑月を「ゆづき」では無く別の読み方をしていた知人が居たので書いただけで、深い意味は無い(笑)。
細かい事が気になるのが、僕の悪い癖。

さて、三つのキーワードを押さえた所で、「週刊朝日」2013年4月5日号に掲載されている室井佑月の記事を読んで頂きたいのだが、まぁ、取り敢えず、記事を以下に貼ってみる。

「室井佑月氏が東電に『おなじこといってみ?』と助言すること」

昨年末、米空母ロナルド・レーガン乗組員ら9人が「嘘の情報で被曝した」として東京電力を訴えた。
3月14日の段階で、その原告数は115人を超えたという。
こうした報道を知った作家の室井佑月氏は、怒りをあらわにしてこういう。

我々日本人に対する放射性物質の影響の説明とおなじく、アメリカ人にも胸を張って、「因果関係は認められない」といい切れよ。
山下俊一教授あたりを証人に立てて、「せっかくのトモダチ作戦、ニコニコ笑っていれば放射能の被害は受けなかったはず」などといわせてみ?

みなさんは覚えているだろうか。以前、福島第一原発から45キロほど離れた二本松市のゴルフ場が、東京電力に汚染の除去を求め、東京地裁に仮処分を申し立てた。
その時の東電側の主張は、「原発から飛び散った放射性物質は、東電の所有物ではない」というものだった。

たしか「無主物」という言葉を使ったんだ。無主物とは、ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、だれのものでもない、という意味だ。
そして、東京地裁ではそのとんでもない東電の言い分が認められた。

米連邦地裁にも、その言い分が通じるかしらね。「被曝したっていわれてもさ、事故で飛び散った放射性物質は無主物で、東電のものではないんだもん」って。

ま、認められるか認められないかは置いといて、とにかくおなじことをいってみろというのだ。
でないと、アメリカ人の命や健康の価値と、日本人の命や健康の価値に違いがあるみたいで、あたしは面白くない。

トモダチ作戦で太平洋沖の船に数週間いた米兵より、福島第一原発周辺に住む人たちや福島県以外のホットスポットに住みつづけている人のほうが、どう考えても被曝してる。
日本人には「大丈夫」といい、アメリカ人には賠償金を払うようなことがあったら、あたしは許せない。

以上が「週刊朝日」の記事なんだが正論だね、室井佑月は「たまに」良い事を言うね「たまに」(笑)。
先述した「福島の野菜を食べさせるのは可哀想」も、そうなんだけど、こう言った正しい事を普通に言えるってのは当たり前の事だと思うが、その当たり前の事を当たり前にするのが難しいのである。

テレビや雑誌で正論を言うと干されちゃう人も居るから、正論を言うのも大変で、あたしは面白くない。
言いたい事も言えない世の中じゃ、ポイズン。って事で、あたしは許せない。と言う話である。

因みに、この記事中に出て来る山下俊一教授ってのは、「放射線の影響は、ニコニコ笑っている人には来ません。クヨクヨしている人に来ます」と発言して、パンピー(一般ピープル)から大顰蹙を買った「ミスター大丈夫」こと御用学者の山下俊一教授の事である。
室井佑月みたいに正論を言って拍手される人も居れば、山下教授みたいにトンデモ発言して叩かれちゃう人も居る。
「口は災いの元」とか「口は災いの門」と言う言葉も有る様に、言いたい事を言うのも考えて言わないと、あたしは面白くない。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 衆院選の選挙を無効とする判決 | トップページ | 遅ればせながら乗るしかない、このビッグウェーブに »

東京電力」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/50995626

この記事へのトラックバック一覧です: 無主物と週刊朝日と室井佑月:

« 衆院選の選挙を無効とする判決 | トップページ | 遅ればせながら乗るしかない、このビッグウェーブに »