« ボストン爆破テロとボンバーマン | トップページ | ビッグウェーブとドッドッドコモの大爆笑 »

2013年4月25日 (木)

靖国神社参拝は日本人として至極当然の事

東京の九段北にある「靖国神社」への参拝を巡って、毎度お馴染みと言うか、支那(中共)と韓国と言った所謂「特定アジア」、そして日本の一部のメディアが何やら喧しい。
毎度毎度、神社に参拝した位で、特定アジアは針小棒大に騒ぎ過ぎで、そんな姿に辟易する日本人も多いと思うが、支那と韓国は日本に対してアヤを付けるのが仕事みたいなもんなので、春には桜が咲く様に、秋には紅葉が咲く様に、恒例行事と言った所か。

だが、である。桜と紅葉と恒例抗議を比べるのは、桜と紅葉に失礼かも知れない、何故ならば桜と紅葉は美しいが、支那と韓国の抗議は少しも美しくは無いどころか、内政干渉で鬱陶しいだけである。
この様な抗議を行っている者に付いて、「塩爺」こと塩川正十郎元財務大臣の言葉を借りれば、「顔見て御覧なさい、目は吊り上がってるしね、顔がぼうっと浮いているでしょ?、これ気違いの顔ですわ」と言ったイメージだろうか。

御国の為に命を捧げた戦没者に敬意を表するのは至極当然の事だが、それに対して抗議をするなんざ、まさに「気違い」であり、正気の沙汰とは思えない行為である。
そんな不細工な抗議を、日本のメディアが過度に焚き付けるのは如何なものか、こちらも常軌を逸した行動である。
一応、日本のメディアならば、戦没者に鞭打つ報道は止めた方が良いだろう、朝日新聞と毎日新聞を中心としたメディアは恥を知りなさい。

まぁ、あれだ。今回の騒ぎの事の発端は、麻生太郎副総理兼財務相ら3閣僚と超党派の国会議員168人が、靖国神社の「春季例大祭」に合わせて参拝した事なのだ。
「国会議員の会」に依ると、国会議員168人が参加したのは、平成になってから最も多く、去年の春の例大祭の2倍以上になったと言い、内訳は自民党134人、日本維新の会23人、民主党5人等で、公明党、社民党、共産党は参拝しなかった。
御国の為に命を捨てた英霊を尊び崇める気持ちが無い公明党、社民党、共産党の議員連中は、今すぐに議員バッジを外せば良い。

まぁ、あれだ。靖国参拝の後、尾辻前参議院副議長が記者会見し、「国会議員が国に殉じた英霊に対して参拝するのは、何処の国でも行っている極自然な行為であり、中国や韓国に反発されるのはよく理解出来ない」と述べた。
自民党の高市早苗政調会長は、「日本の国策に殉じて尊い命を捧げた方を、どの様に慰霊するかは日本国内の問題だ。外交問題になる方が可笑しい」と述べた。

安倍晋三首相は4月10日の衆院予算委員会で、「先の大戦では『靖国で会おう』との合言葉で多くの兵士が散って行った。遺族は父や主人に会えるかも知れないとの思いであの場に行く」と述べ、「私が指導者として尊崇の念を表する事は国際的にも当たり前の事だ」と、参拝に意欲を示していたのだが、支那と韓国などに配慮したのか安倍首相は、供え物の真榊(さかき)を奉納しただけに留めている。

先に述べた通り、御国の為に命を捧げた戦没者に敬意を表するのは至極当然の事で、何ら問題は無いと思うが、支那と韓国には御国の為に殉じた英霊に敬意を表すると言う気持ちを理解する事が出来ないので有ろうか?。
その様な気持ちが理解出来ないとは、非常に残念な人達である。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« ボストン爆破テロとボンバーマン | トップページ | ビッグウェーブとドッドッドコモの大爆笑 »

様々な話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/51372821

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社参拝は日本人として至極当然の事:

« ボストン爆破テロとボンバーマン | トップページ | ビッグウェーブとドッドッドコモの大爆笑 »