« iPhoneのビッグウェーブに乗るタイミング | トップページ | ネッタイムス・ブログ(ココログ版)「放送禁止用語辞典」(放送自粛用語の基礎知識)のウラル(URL) »

2013年5月24日 (金)

密かなブームと静かなブーム

当ブログのエントリ、iPhoneのビッグウェーブに乗るタイミングに付いて、気になる所が有るので訂正をしときますかな。って事で、先ずは上記エントリから問題の部分を抜粋して以下に貼ってみる。

ちょっと話が脱線するが、この「密かなブーム」ってのは、マスコミが何かを流行らせたい時に使うフレーズなんだが、ブームと言う言葉は「熱狂的な人気になる」とか「流行する」と言う意味なので、常識的に考えれば「密かに」熱狂的な人気になる(笑)とか、「密かに」流行する(笑)とか言うのは有り得ない訳だ。
依って、マスコミが、この「密かなブーム」と言うフレーズを使う時は、話題にもなっていない「ある物」を、無理矢理、流行らそうとする時などに使うと言う事がよく判る。
つまり、ブームを「捏造」したい時などには、この「密かなブーム」ってのは「魔法の言葉」になるのである。

以上が問題の部分なんだが、これの何処を訂正するのかと言えば、「密かなブーム」だけでは無くて、正しくは「密かなブーム」と「静かなブーム」なんですな。
マスコミは、「密かなブーム」よりも「静かなブーム」ってのを使う場合が多いと思うので、やはり「密かな」だけでは無くて「静かな」と言う言葉は外せない訳だ。
しかし、である。「密かな」だけでは無くて「静かな」も追加するとか、こんな事はいちいち訂正する程の事では無いのかも知れないが、「細かい事が気になるのが僕の悪い癖」なのである(笑)。

と言うか、「密かな」に「静かな」を追加するのは、別に細かい事では無いので、訂正するのは当たり前ジャマイカ。って、近所の爺さんが言うとりました。ので、訂正しときます。
マスコミが、ブームを作りたい時に使う「魔法の言葉」は、「密かなブーム」と「静かなブーム」と言う事で宜しく。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« iPhoneのビッグウェーブに乗るタイミング | トップページ | ネッタイムス・ブログ(ココログ版)「放送禁止用語辞典」(放送自粛用語の基礎知識)のウラル(URL) »

様々な話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/51755820

この記事へのトラックバック一覧です: 密かなブームと静かなブーム:

« iPhoneのビッグウェーブに乗るタイミング | トップページ | ネッタイムス・ブログ(ココログ版)「放送禁止用語辞典」(放送自粛用語の基礎知識)のウラル(URL) »