« 飯島勲参与の訪朝と拉致問題 | トップページ | 乙武洋匡の入店トラブルが波紋を広げている »

2013年5月19日 (日)

日本維新の会は西村眞悟を後ろから撃つのか?

当ブログのエントリ、橋下徹市長の発言が波紋を広げているにも書いたのだが、日本維新の会の共同代表である大阪の橋下徹市長が、米軍に風俗業の活用を促す発言と、従軍慰安婦に付いて当時は必要だったとした発言が波紋を広げている。
特に、従軍慰安婦に関する発言が問題視されており、様々な方面に賛否両論の波が広がっている。

そんな中、日本維新の会の西村眞悟衆院議員は17日、党の代議士会で橋下市長の従軍慰安婦発言に関連し、「日本には韓国人の売春婦は、まだ『うようよ』居るぞ。大阪の繁華街で韓国人に慰安婦と言ったら良い」と述べたが、その直後に記者会見し、「韓国と国名を挙げたのは不穏当だった」として発言内容を撤回した。
そして西村は、自らの発言で「党に迷惑を掛けた」として離党届を提出した。しかし、である。維新の会は離党届を受理せずに除名処分とした上で、西村に議員辞職を求める方針と言う。

維新の会の幹事長である大阪の松井一郎府知事は17日、西村の発言に付いて「全く理解出来ない。まさに言葉の暴力だ」と批判し、西村の処遇に付いて「除名だ」とした。
更に、西村は維新の会の比例近畿ブロックの議員である事から、「党として一緒に出来ない人に議席は返して頂きたい」と、議員辞職を促した。
橋下市長は17日、西村の発言に付いて「大変申し訳ない」と陳謝し、従軍慰安婦に関する自らの発言に付いては、「自分とは全く違う。自分には韓国の方や元慰安婦の方を侮辱する意図は全く無い」と述べている。

以上の様に、西村に対する維新の会の対応は手厳しいのだが、ここで西村が発言した「日本には韓国人の売春婦うようよ居る」に関する話をしてみる。
こんな事を書くと「怒りのシコリアン」が、オナニーを開始するかも知れない。が、である。「石を投げれば売春婦に当たる」と揶揄される韓国に関する売春事情を書いてみると、韓国ハンナラ党の議員が2010年に、「10万人以上の韓国人女性が韓国国外で売春に従事し、その内5万人が日本で売春を行っている」と発表したと、環球時報が伝えている。

「週刊ポスト」2012年7月13日号に依ると、韓国の国家行政機関である女性家族部は5月、「海外で売春に従事する韓国人女性の総数は約8万人」と発表。
更に、釜山警察庁国際犯罪調査隊の責任者は、「海外で出稼ぎする韓国人売春婦は、約2万人が日本で稼いでいる」としている。
中国(支那)の新華社通信が報じた数はもっと多く、「海外で売春する韓国人女性は8万人。その内5万人が日本で“活躍”している。韓国人売春婦の多さに呆れ、日本では嘲笑の対象となっている」との事。

以上の通り、支那の環球時報と新華社通信は「日本で売春する韓国人の売春婦は5万人」と報じており、この「5万人」と言う数字見ると、西村が発言した「日本には韓国人の売春婦うようよ居る」は事実であり、韓国人に「石を投げれば売春婦に当たる」と揶揄される事が判る。
西村は、「眞悟の時事通信」と言うメールマガジン(メルマガ)を発行しているのだが、そのメルマガ「眞悟の時事通信」の「5月17日号」に、西村眞悟の主張が書いてあるので、以下に貼ってみる。

 橋下徹大阪市長が、いわゆる従軍慰安婦に関して発言したことに対して、待ってましたとばかり、見方によっては喜々として、錦の御旗である「女性蔑視というレッテル」を貼り一部の人士が騒いでいる。

 一昨日の衆議院本会議では、ある法案に関する代表質疑であって、慰安婦とは全く関係がないのに、民主党の女性議員が演説の冒頭、取って付けたように、橋下発言は、全女性を蔑視するものであり許せない、とまるで自分が被害者であるか如く歌いあげていた。

 そして、この国内の橋下非難騒ぎは、韓国人と支那人、韓国政府と中国政府によって国際的に繰り広げられてきた慰安婦に関する反日謀略宣伝を勢いづかせている。

 発言の真意などは、わざと塗りつぶし、ただ例えば「女性蔑視」というレッテルを振りかざして非難することによって相手より政治的に優位に立とうとする手法は、中韓の手法であり我が国の左翼の手法である。

 橋下発言は、事実を言ったものであり、事実だから、当たり前の発言である。
 騒ぐほうがおかしい。

 ただ事実を言われてビックリするのは、地球は丸いと言われてビックリした例もあるから、致し方ないとして、発言をわざと曲解して政治的道具に使うのは許せない。

 もし、慰安婦がいたことは致し方ない、という発言が女性蔑視であり許せないのなら、衆議院本会議でそう言った民主党女性議員は、国会近くの赤坂という上品な歓楽街にも、現在も韓国人慰安婦・売春婦は大勢いるのだから、夜、韓国バーの前に立って「社長さん、いい子、いるよ」と呼び込む韓国人に、「女性蔑視!」と抗議してきたらどうか。

 それと同時に、東京都の保健所に行って、赤坂の慰安所(飲み屋)の衛生検査は、売春への都(公権力)の関与であるから許せないと抗議すべきであるろう。

 韓国人慰安婦は、今も大勢日本に来ている。

 韓国は、慰安婦を輸出しているのかと思うほどだ。東京、大阪の繁華街を夜歩かれたら分かる。

 このように、豊かになった韓国においても慰安婦を輸出してくるのだ。ましてをや、貧しかったころはどれだけ輸出していたのか、推測されよ。いや、あのころは日韓に国境はなかったのだからもっと気軽に日本に来られたはずだ。

 以上のことを申した上で、もはや中韓と国内左翼の謀略と闘うときが来ていると述べて締めくくりたい。

 それは、国際的に虚偽の報道が流されはじめたからだ。

 畏友の西村幸祐さんに教えられたが、AP電は、次の通り、橋下さんが言った「慰安婦」を「性奴隷」と訳している。明らかに虚偽だ。

 Hashimoto said Wartime Sexslaves were necessary.

 この性奴隷という言葉は、慰安婦(Comfort women)とは全く違う。

 そして、かつて原住民を拉致監禁して輸送し、奴隷にして売った欧米人にとって、もっともわかりやすいおぞましい言葉だ。

 この性奴隷・Sexslaveという言葉を故意に使って日本軍は性奴隷を必要としていた軍隊だ、それ故、朝鮮人を性奴隷にしたという虚偽を広める国内外の反日謀略とは断じて闘い、その謀略を粉砕しなければならない。

以上が、西村のメルマガ「眞悟の時事通信」なのだが、西村は橋下市長を擁護する為、且つ、従軍慰安婦問題に関して、様々な指摘をしている。
維新の会の橋下市長と松井府知事は、西村眞悟の主張を全て把握していて、西村に対する厳しい措置を決定したのか?。
そうでは無くて、西村の発言の一部分のみを捉えて処分を決定したのではないのか?。

特に橋下市長に言いたいが、西村眞悟は表現方法の一部分に拙い箇所が有ったにせよ、自分(橋下市長)を擁護する為に行動した事を知っていて、先述した様な発言をしたのか?。
そうで有るならば、橋下市長の行動は義理も人情も糞も無く、まさに「味方を後ろから撃つ」様なもんだ。
橋下市長を擁護と言う部分を除いても、西村眞悟は維新の会にとって必要な人材、いや日本の政界にとっても貴重な人材と言えるのではないか。

ここで、元航空幕僚長である田母神俊雄のツイートを以下に貼ってみる。

日本維新の会西村真悟議員が「韓国人売春婦うようよ」と発言し党を除籍処分になる。
松井一郎幹事長は「理解不能な発言だし、人権侵害だ」と言ったとか。
松井氏の対応は韓国に味方するだけです。
西村氏は事実を仲間内で言っただけなのにこれで除籍ですか。西村氏無き維新の会の力はかなり低下します。

以上が田母神元航空幕僚長のツイートなのだが、やはり「西村無き維新の会の力はかなり低下します」と書いている。
はっきり言って、維新の会の国会議員で、存在感を見せ頑張っているのは、西村眞悟の他には中山成彬のみでは無いのか?。
高齢の石原慎太郎と平沼赳夫、特に石原慎太郎は軽い脳梗塞で入院していて、退院後も体調が芳しくない様子であり、いまいちパッとしない様だし、ここで西村眞悟が居なくなれば、維新の会でバリバリ働ける議員は中山成彬だけになるぞ。

維新の会の橋下市長と松井府知事は、今からでも遅くないので西村眞悟に関する発言と措置を撤回して、西村眞悟を維新の会に留めるべきである。
当ブログのエントリに前にも書いたのだが、左巻きの連中が多いと言う日本の議員のバランスを考えたら、西村眞悟みたいな議員は必要であり、西村みたいな議員がもっと増えても良いと思う。
そんな中、増えるどころか西村眞悟に議員辞職を促すなんざ言語道断、直ちに撤回して西村を維新の会に留めるべきである。

まだまだ書きたい事は、犬の糞ほど沢山あるが、長くなったので、今回のエントリはこの辺で。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

« 飯島勲参与の訪朝と拉致問題 | トップページ | 乙武洋匡の入店トラブルが波紋を広げている »

政党・政治家」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547278/51692018

この記事へのトラックバック一覧です: 日本維新の会は西村眞悟を後ろから撃つのか?:

« 飯島勲参与の訪朝と拉致問題 | トップページ | 乙武洋匡の入店トラブルが波紋を広げている »