ネッタイムス

2013年6月 8日 (土)

ネッタイムス・ブログ(ココログ版)「放送禁止用語辞典」(放送自粛用語の基礎知識)のウラル(URL)

ネッタイムス・ブログ(ココログ版)「放送禁止用語辞典」(放送自粛用語の基礎知識)のウラル(URL)

放送禁止用語辞典(放送自粛用語の基礎知識)は、差別語になる等の理由や大人の事情に依り、マスコミ関係者等が自主規制している言葉の一覧。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や、ら、わ行
おまけ

この放送禁止用語辞典(放送自粛用語)は未完成であり、皆様からの情報提供や御意見を参考にし、不備な点が有れば修正して行く予定。
情報提供や御意見は→ netimes@mail.goo.ne.jp ←まで。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2013年4月19日 (金)

管理人の禁酒と禁煙の話

当ブログのエントリ、管理人は急性膵炎で入院していたにも書いた様に、私は重症の急性膵炎と言う事で、約1ヶ月の間、病院に入院していた。
急性膵炎と言う病気になるのは、私を含めて「大酒飲み」が原因であり、「人生で初めて経験する痛み」と言われる程、痛くて痛くて仕方が無い急性膵炎を回避しようと思えば「禁酒」と言うか「断酒」するのが一番良い訳だ。

しかし、である。この急性膵炎と言う病気は先述した通り、大酒飲みがなる病気なので、急性膵炎が癒えて退院したのに、再び急性膵炎で入院する人が絶えない。
斯く言う私も、何度も何度も看護師に「二度と病院に戻って来ないでね」とか「もう酒を絶対に飲まないで下さいね」と言われたもんですよ。
中には「どうせ又、急性膵炎で病院に担ぎ込まれるのでしょうけどね」とか言う、口の悪い看護師も居たりする。

勿論、冗談なんだけど、この急性膵炎と言う病気は、兎に角リピーターが多い病気だそうな。
あの強烈な痛みを経験しながら、また酒を飲んで再発させるなんざ、考えられない事だと思うんだけれど、そこら辺が大酒飲みの悲しい「性(さが)」と言う奴なんだろう。

私の知人にも大酒飲みで急性膵炎のリピーターが居るんだけれど、その知人は何度も懲りずに急性膵炎になって、その度に救急車で病院に運ばれて即入院している。
何度も何度も急性膵炎になって、何度も何度も救急車のお世話になって、何度も何度も即入院するってのは病んでいるとしか言い様が無く、映画監督の山本晋也の台詞じゃないけど、ありゃ「殆んど病気」だわな。って、急性膵炎は病気だっつうの(笑)。

「殆んど病気」ってのは、その知人にも何度も言ったが、もうね、本当に病気と言うしか無く、ありゃ多分「マゾ」だろうな(笑)。
急性膵炎で痛いのが、嬉しくて嬉しくて仕方が無いのだろうよ、強烈な痛みでエクスタシーを感じるんだろうよ。
ああ言った人生も有るんだなぁ。と、思うんだが、私ゃ御免被るけどね(笑)。
その知人を反面教師にして、私ゃ禁酒と言うか断酒を続け様と思うよ。

それと、前にも書いたのだが、急性膵炎で入院してからは断酒と共に「禁煙」も開始しており、これも何とか継続中である。
ヘビースモーカーだった私が禁煙を始めてからは、人間と言う奴は身勝手と言うか我が儘な奴で、人の吸っているタバコの煙が、嫌で嫌で仕方が無くなった(笑)。
まぁ、ヘビースモーカーだった時も、他人のタバコの煙は嫌だったけれど、それはそれで自分も吸っているからお互い様だと思っていたが、今はもうタバコの煙が耐えられないね。

ヘビースモーカーの時は、コーヒーや紅茶を飲みながらタバコを吸うってのが、至福の一時だったけど、今は自分がコーヒーや紅茶を飲んでいる時に、近くでタバコを吸うんじゃねえよって感じ、コーヒーや紅茶の香りを壊すんじゃねえってね(笑)。
もうね、本当に人間って奴は身勝手と言うか我が儘な生き物ですな、とね、自分自身を客観的に見て思うよ。

まぁ、あれだ。断酒と禁煙は、まだ3ヶ月程度の短い間だから何とも言えないが、何とか続けて行きたいな。
だが、である。今でも「あああああタバコ吸いてぇ〜」と無性に思う時が有って、ニコチン中毒って奴は強烈なんだなと感じるよ。
まだまだ書きたい事は、犬の糞ほど沢山あるが、今回のエントリはこの辺で。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2013年4月 5日 (金)

ネッタイムス・ブログより「お知らせ」

ネッタイムス・ブログより「お知らせ」

先日、放送禁止用語辞典(放送自粛用語の基礎知識)のテスト版をアップしましたが、テスト版の件は「記憶の底から消し去って」頂き、「無かった事として忘れて」下され(笑)。って、笑い事では無くて、本気と書いてマジと読む。

だが、である。放送禁止用語辞典(放送自粛用語の基礎知識)をアップしないのでは無くて、別にアップする予定なので宜しく。
管理人は、辞典を作るのが面倒臭くなって来たので、投げ出すのでは・・・。と、思う人も居るかも知れませんが、辞典は殆んど出来上がっているので、後はチェックだけだから多分、大丈夫だ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2013年3月21日 (木)

管理人は急性膵炎で入院していた

今年の1月8日に当ブログのエントリ、新年早々、風邪を引いてねを書いてから、早いもので約2ヶ月半が経った訳で、その空白の約2ヶ月半に何が起こったのかと言えば、風邪を引いたなんてのは可愛いもんで、管理人は「急性膵炎」と言う病気になって約1ヶ月の間、入院してました。

先述したエントリにも書いた様に、新年早々、風邪だの何だので体調が芳しくないと言う感じだったのだが、まさか突然、約1ヶ月も入院する事になるとは夢にも思わなかった。
あの日、何時もの様にシャワーを浴びて、何時もの様に湯上がりのビールを飲んだ訳だが、思えば、このビールを飲んだ瞬間から、何時もの安閑とした生活は何処へやら、私は世にも恐ろしい「地獄の一丁目」に片足を突っ込んでいたのだろう。が、である。それを知らなかったのは私、本人だけだったのかもね。

まぁ、ビールを飲んだ時に異変と言うか、ちょっとした違和感を覚えたんだが、屁でも放いたら治るだろうって、軽く考えていた訳だ(笑)。
しかし、である。その違和感と言う奴が、収まるどころか徐々に酷くなって行く気がして、この時に私は直感と言うか、物凄く嫌な予感がしたのだが、それは気の所為だと思いたい自分が居たりして・・・、まぁ、これは一種の現実逃避と言う奴なんだろう。

しかし、である。現実から逃げ出したい気持ちとは逆に、体の異変はどんどん進行し、腹がパンパンに張って、空気を入れ過ぎてパンクしそうな風船みたいになっている。
そのパンパンに張っている腹に、針でも刺したらパンと大きな音がして破裂しそうな感じである(笑)。ってのは今だから言える事で、その時は余裕なんざ有りゃしなかったけどね。

半端の無い腹の張りと共に、痛みも襲って来て、こりゃマズい、何か大変な事が起きているのでは・・・と、嫌な予感が的中しているな・・・とね、変な汗も出て来るし、ここが「地獄の二丁目」って奴だろう。
痛みも段々と強くなり、変な汗も大量に出て来たので、こりゃ、病院に行かねばならぬ。とか思いながら、病院に行く用意でもしようかなとゴソゴソしていたら、今度は吐き気が襲って来た様で、痛みだの吐き気だのに襲われてばかりのレイプ状態だな。

しかし、である。酒ばかり飲んで胃が荒れている所為だと思うのだが、ここ数日間、食欲不振で碌に食べてないから、吐き気は有るが胃の中に吐く物が無くて、ゲーゲー言うだけで水分しか出ない。
何か吐ければ少しは楽になるのだろうけど。と、思っても、吐く物が無いから話にならない。
しかも、変な汗はダーダー流れるは、腹の痛みが半端無いわと、最悪の状態になって来たから、遂に救急車を呼ぶ事を決意し、早速「119番って何番だっけ」と言うベタな笑いのネタを言いつつ「119番」に連絡。

そして、救急車に乗って病院に行くんだが、その道中も腹と背中が痛くて痛くて仕方が無かった訳で、痛みのメーターが振り切った状態となって、ここら辺りが「地獄の三丁目」と言う奴だったな。
「急性膵炎」とは、膵臓に炎症が起こって痛みが生じる病気なんだが、その痛みってのが半端では無くて、立っていられない程の痛みであり、私の場合は「腹と背中」が異常に痛くて、表現するなら「七転八倒」とか「のたうち回る」と言う感じだろう。

どんな体勢をしても痛くて痛くて堪らなく、「何とかしてくれ!」と、思わず叫んだ。
私の、今までの人生で経験した事の無い様な痛みであり、ちょっと変な話になるのだが、あの痛みの時、銃社会の米国だったら、痛みから逃れる為に、拳銃の引き金を引いていたかも知れないと言う程の痛みだった訳である。

急性膵炎は、膵液に含まれる消化酵素が、突然膵臓自体を消化してしまう事で起こり、「人生で初めて経験する痛み」と形容される激しい痛みが、急性膵炎の典型的な症状であり、膵臓の周囲には神経が多いので、痛みは大変強くなると言う。
膵臓の位置は胃の裏側なので、上腹部の痛みが典型だが、私の場合は腹部全体の痛みと背中の痛み(特に腰)が酷かった。

この急性膵炎が重症の場合は、激しい痛みや嘔吐に加えてショック症状が起きたり、出血が伴えば死亡率は約30%に及び、私も急性膵炎の重症と診断されたが、ショック症状や出血は無くて、死亡率の約30%に入る事は無かった。
激しい痛みに襲われ、苦しみながら死んで行くと言う最悪の死に方だけは、どうやら避けられた様だ。

膵臓の炎症が腹部全体に及んで、腸の働きが悪くなり、腸閉塞の様な状態になる為、吐き気や嘔吐が起こると言う。
膵炎は、急性膵炎と慢性膵炎に大きく分けられ、何れの膵炎の原因はアルコールの飲み過ぎで起こるケースが多く、大量飲酒の習慣に加えて、食生活などの日常的な生活習慣が病気の発生に関係しているらしい。
私の場合も「大酒飲み」が原因なのは言うまでも無く、政治家だったら「秘書が勝手に遣った事で、私は一切関知していない」とか言いたい所だが(笑)、まぁ、急性膵炎になって苦しんでいるのは、自業自得だわな。

まぁ、あれだ。急性膵炎は膵臓が大火事になっている訳だから、火事を鎮火させる為に点滴治療を行うと共に、血液検査やCT検査もした。
CTは、膵臓の炎症の広がりや腹部や胸部の変化などを正確に把握し、病状の進み具合を判断出来るので、効果的な検査らしい。
急性膵炎は内科的治療が基本なので、患部を切除したりと言った外科的治療は行わないから、ひたすら点滴治療と「絶飲食」である。

「絶飲食」は、食物を取ると消化酵素の分泌を促進する為に絶食すると言う。
また、腹部全体に炎症が広がり、腸の動きが悪くなる為、水を飲む事も禁止なのである。
急性膵炎は、様々な臓器の機能不全が同時に起こって来るので、全身を管理し、集中治療の出来る医療施設で治療と言う事で、救急治療室に入る。

「重症」の「急性膵炎」と言う事で「入院」する事になるんだが、入院するにしても突然ってのは準備不足で、どうしょうもないね。
相撲でも、「立ち合いは強く当たって、後は流れでお願いします」とかの段取りを、メールとかで打ち合わせてから遣る時代ですよ(笑)。
そんな時代なのに、突然「入院」とか言われてもさ、こっちは何にも準備していない訳で、それも物心が付いてからは、人生初の入院なんだから、困るったらありゃしない。

突然の入院で、しかも絶飲食と言う過酷な条件なんだから勘弁して貰いたいもんだったよ。
絶飲食ってのは、漫画「あしたのジョー」で、主人公「矢吹丈」のライバル「力石徹」が行った「地獄の減量」と同じ様なもんだな。
だが、である。私と力石が行った絶飲食で、私は点滴を打っている。が、力石は点滴を打っていない訳だから、同じ絶飲食でも大きく違うって話(笑)。

そんな絶飲食なんだが、入院中に「絶飲食は大変ですね」とね、よく聞かれたけれど、最初の内は急性膵炎で腹と背中が痛いから、食欲なんざ有りはしない。
兎に角、痛い、痛くて痛くて仕方が無く、痛みが酷くなったら、痛み止めの注射を射ったり、座薬を入れたりの繰り返しで、飲みたいとか食いたいとか微塵も思わなかった。
そんなだから、変な話、糞が一切出なかったのだが、それは大変助かった。

入院中は、点滴が2本、トイレ(小便)の管が1本、鼻からの管が1本、心電図が一つとね、5本も体に繋げている状態だから動くのも大変で、そんな状態で糞をするとなったら、もっと大変だから、糞が出なかったのは良かったのである。
まぁ、糞が出なくても、5本も体に繋げている状態と言うのは最悪で、少し動くのも気を使う状態。

まさか自分がそんな状態になるとは、特に小便の為にティムポ(男性自身)に管を入れる時と、鼻から管を入れる時が、言葉では顕せない程の痛みなのである。
もう開き直るしか無くて、「煮るなり焼くなり好きにしろ!」って感じだけど、頼むから痛くしないでおくれよ・・・。と、まぁ、そんな状態である(笑)。って、笑い事では無かったよ。

入院中は痛みとの戦い、動き難い状態との戦いで、絶飲食は約20日、その後、少しずつ口から飯を食って行き、徐々に体も回復して来た。
そして、目出度く退院したのだが、退院後、帰宅して安心したのかも知れないけど、どっと疲れが出て来て、風邪で寝込んでしまった。
折角、退院したのに風邪で寝込むとはね、もう嫌って感じで、今は回復して元気になったから余裕綽々だけど、大変な目に遭いましたよ。

まぁ、あれだ。入院していて思った事は、健康が一番幸せだと言うのを心の底から感じたよ。
当たり前の事を当たり前に行える幸せ。って事で、アントニオ猪木の言葉「元気があれば何でも出来る」は名言だわな。
当たり前だけど、本当に「元気があれば何でも出来る」と言う事で、元気が無ければ何も出来ない訳だから、健康で元気が有る状態は素晴らしいのである。

現在は、当然として「禁酒」と言うか「断酒」状態であり、入院して強制的に吸えなかった煙草も、退院後「禁煙」していて、「断酒」と「禁煙」で健康的な生活を送っている。
大酒飲みでヘビースモーカーだった私を知っている人達は、私が「断酒」と「禁煙」をしているとは信じられないだろうけど、「断酒」と「禁煙」は続けて行くつもりである。
まだまだ書きたい事が、犬の糞ほど沢山あるが、今日の所はこの辺で。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年11月27日 (火)

ネッタイムスのメルマガに付いて

御存知の方も多いと思うのだが、古代マヤ文明の暦が今年末で無くなっており、暦の無くなる時が「滅亡の日」と言われている。
マヤ文明の暦で「滅亡の日」とされる12月21日が近付く中、皆さんは如何お過ごしでしょうか?。

12月と言えば、日本では師走の衆院選が16日に行われる訳で、候補者は折角、選挙で当選しても21日の「滅亡の日」に本当に滅亡したら、何の為に選挙するのか判らんな。
選挙資金をジャブジャブ使って当選しても、「滅亡の日」にチャラになるのなら、そのカネで遊んだり旨い物を食ったりした方が幸せかもね。

先日、ネットをプラプラしていたら、マヤ暦の「滅亡の日」に関するニュースを発見。
それに依ると、フランス南部に「ビュガラッシュ」と言う小さな村が有って、その村は終末論者が聖地と崇める場所だそうで、その聖地「ビュガラッシュ」に数百人の終末論者が押し寄せ、住民らが警戒を強めていると言う。
これは「ビュガラッシュ」に人が沢山集まって「ギガラッシュ」と言う事じゃな!。とのギャグ(?)を、近所の爺さんが言うとりました。

まぁ、あれだ。こんな下らない事は書くんじゃ無かったと思いつつ話を先に進めるのだが、今回のエントリのタイトルである「ネッタイムスのメルマガ」に関しての話をする。
当ブログのエントリ、ネッタイムス・ブログ、久々の更新に書いた「メルマガ」は「会員向け期間限定」なので、現在は配信しておりませんので御了承下さい。

何でこんな事を書くのかと言えば、「メルマガ」に関する問い合わせが僅かながら有りまして、「メルマガ希望」とかメールを頂く度に、上記に書いた様に「ネッタイムス・メルマガは、会員向け期間限定なので、現在は配信しておりません。」と返信しております。
問い合わせがある度に、何度も同じ事を書いて返信するのもマンドクセー(笑)、と言うか面倒臭いので、一応、アナウンスしときます。

それと、これも当ブログのエントリ、ネッタイムス・ブログから提案に書いた事に付いてですが、これは忘れて下さい(笑)。
これはね、とあるブログの管理人と私が、酔っ払い状態でメール等を遣り取りして、酔った勢いで盛り上がった事を、私が何も考えずそのままブログに書いた訳です。
そしたら、読者から「ネッタイムスさんのブログなのだから、ネッタイムスさんが書かないと意味が無い!」等のメールを頂き、私も「まぁ、そりゃそうだわな」とね。

楽をしようと思わず、ブログの更新は自分でしなければならない。と反省し、そこで全てが終わる筈だった。しかし、である。書きたいと言うメールが2通ほど来ちゃいまして、マジかよ、どうしようかな・・・とね(笑)。
その二人の内訳は、一人は普通の読者、もう一人は知り合いのウェブサイトの管理人である。
酒に酔った勢いとは言え、一人の男として、ブログに書いた約束は必ず守らねばならぬ。

約束を守らねば「嘘吐き」のレッテルを貼られ、「野田佳彦首相」とか「民主党のマニフェスト」とか呼ばれかねない。これは困った。
それらを考えていたら現実逃避したくなり、「男はつらいよ」の寅さんの様に、知らない街まで旅に行きたい衝動に駆られたのだが、そこはぐっと堪え、奸智に長けている私は、メルマガを利用する事を思い付き、とあるブログの管理人を含め、メルマガに三人のエントリを掲載して事無きを得たのだった。

因みに、とあるブログの管理人は私と同じく「オッサン」なんだが、ブログでは「20代の女性」と言う事になっている。
まぁ、あれだ。所謂「ネカマ」って奴なんだけど、その管理人は「出会い系サイト」で約10年もネカマを遣っていると言う、正真正銘、筋金入りの「ネカマ」である(笑)。
出会い系サイトのネカマと言えば所謂「サクラ」なんだけど、そのサクラの裏話ってのが物凄く面白くて、それを「ネッタイムス・メルマガ」で書いて頂いた。

ウェブサイトの管理人の方は、「アダルトサイト」の管理人で、こちらもアダルト関係の話を書いて頂いたのだが、「下ネタ」の連発で、とてもじゃないが当ブログには掲載する事が出来ない内容だった。
もう一人、普通の読者の方は、その方が働いている業界の裏話であり、これも社名とかが実名入りだから、当ブログでは書けない内容である。
まぁ、何れ、それらのネタも当然、了解を得た上で、表現などをオブラートに包み、当ブログで披露する事が有るかも知れない。
そんな感じです。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年11月12日 (月)

ネッタイムス・ブログ、久々の更新

いやぁ〜、何と言っていいのか判りませんが、8月20日以来、久しぶりにブログ更新となった。が、である。
久々の更新なんで、ブログの更新方法が判らなくて、福島第一原発事故でパニクってテンパった錯乱総理こと菅直人みたいに、日本語でもフランス語でも無い様な言葉を早口で延々喚こうかと思ったよ(笑)。って、笑い事では無いんだが、冗談はさておき、久々の更新と言う事で御無沙汰してました。

久々の更新だから、何から書いていいのか迷うのだが、先ずはブログの更新をせずに何をしていたのかを書くとするかな。
盆過ぎの8月20日からブログの更新をしてないのだが、その頃は既に夏の暑さでビールばかり飲んでいて愚駄愚駄モードだった訳で、ビール飲んで愚駄愚駄状態の時は、真面目なエントリを書けない事が多く、酔っ払いの戯言みたいな感じのエントリになってしまう訳です。

当ブログは、何でも有りのブログなんで、愚駄愚駄の酔っ払いエントリを更新するのも別に構わないのだけれど、あの頃は韓国の大統領が、我が国の固有の領土である島根県の竹島に上陸したり、支那が沖縄県の尖閣諸島にちょっかいを出したり、それらに対応する民主党の不甲斐なさ等、日本の領土に関する問題が山積しており、とてもじゃないが、冗談やら何やらの、お笑い系エントリを更新する気にはならなかった。

今年の夏は当ブログのエントリ、笑って納涼、トルネード・バーコードや、どうでもいいマントルの話みたいなのを数多く用意して、お笑い系のエントリで乗り切るつもりだったのだが、韓国と支那の悪行に依って、それらの予定は水泡に帰した訳だ。
しかし、である。折角、エントリを書いたのに廃棄するのは勿体無いし、かといってブログに掲載する事も出来ない。と言うか遣りたくないし、どうしたものか困った事になった。

まぁ、取り敢えず、ビールでも飲んで考えよう。と、ビールを飲んでいたら、またお笑い系のエントリを書いている自分が居る。
困った事に今年の夏は、酔っ払うとお笑い系のエントリがスラスラ書けて仕方が無いのである。
何故かコントの台本みたいなエントリもスラスラと書いてしまった(笑)、そんな感じで過ごしていたら、お笑い系のエントリばかりが溜まってしまった。

ネタは夏限定の物が多く、来年の夏まで取っておくのも鮮度が落ちる気がしてね。まぁ、困ったちゃんである。
どうしたものか、こんな時はビールでも飲みながら妙案を考えよう(飲んでばっかりかい!)。と、ビールを飲んで酔っ払っていた所、前にエントリで書いた様に、溜まりに溜まったメールの整理をしなければならない事に気付き、酔った勢いでメールの整理をしていたら、ボツにしていたブログのエントリが多数見受けられる訳だ。

それらのネタを何故にブログに掲載せず、ボツにしたかと言えば、エントリを書き上げた時には既にネタが旬を逸していた。やら、表現が過激過ぎて、ちょっと不味いかな。とか、お下品な下ネタ系のエントリ等々と言う理由だな。
ボツにはしたが、読んでいたら、なかなか面白いので捨てられず、残していたエントリの数々なのである。
外交問題で頭に来て更新しないエントリと、ボツになったエントリを何とか出来ないものか。と、頭を悩ませる日々。

そんな時に常連の読者の方から「ネッタイムス・ブログの更新はしないのですか?」とのメールを頂き、私は軽い気持ちで「ボツネタが有るけど読んでみる?」と返信したのである。
そうしたら「是非とも読んでみたい」との事で、そこで私は、ボツネタや、溜まったお笑い系のエントリを「メルマガ」方式で配信してみたら面白いかなと閃いた。

「鉄は熱い内に打て」と言う事で、ネッタイムスがウェブサイト時代からの知り合いや常連読者と、ブログ時代の常連読者の内、何度もメールの遣り取りをしている読者に限定し、日頃の感謝を込めて、会員限定メルマガを配信する事を計画し、常連読者の方々に通知した所、読者の方々から賛同を得たので、ネッタイムスはウェブサイト、ブログと来て、遂に「ネッタイムス・メルマガ」を配信する運びとなった。

ネッタイムスのメルマガは、「コピペ厳禁」「転送厳禁」「他言無用」「読んで楽しんだら、削除するのが望ましい」とのルールを設けて配信。
当初は、ボツネタが10くらいで、お笑い系が20くらいだから、1ヶ月くらいのメルマガかな。と、予定していた。が、である。
メールの整理をしていたら、ボツネタが10どころか20〜30くらい有ったり、書き掛けのエントリが15くらい有ったりと、ネタが豊富だった事も有り、メルマガが思いの外に盛り上がり、予定を大幅にオーバーしてしまった。

また、ネッタイムスのウェブサイト時代から、何時も色々な情報を提供してくれる読者の方からのネタも、ネタ元に了解を得て「大出血サービス」で提供したり、メールを整理していたら出て来た、その他の面白いネタも「在庫一掃」と言う事で配信。
更に、「コピペ厳禁」「転送厳禁」「他言無用」「読んで楽しんだら、削除するのが望ましい」とのルールが有るから安心との理由がある所為だと思うが、読者の方からの暴露ネタも提供して頂き、それらも配信したりと、メールを1通1通配信する手間が掛かるとは言え、まぁ、なかなか楽しくメルマガの方で遊んでました。

メールの在庫整理と、ボツネタ等の整理も出来たし、ネッタイムスのメルマガと言うか、メルマガ擬きは一応成功したと自負しとります。
しかし、その間、ブログの更新が全く出来なかった事は残念な訳だけど、二兎追うものは一兎をも得ずと言う事で、メルマガとブログの二兎得る事は出来なかった事が、唯一の失敗となったが、それはそれで仕方が無い事だな。

さて、今後に付いての事を書くと、些かメルマガ擬きの配信で燃え尽きた感が有りますが、ブログの方もボチボチと更新して行こうかなと、思っております。
政界等も色々と動きがあり、書くネタは尽きないだろうから、ボチボチ遣りますかな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年8月20日 (月)

コメント欄を休止します

本日2本目のエントリなんですが、このエントリは「お知らせ」みたいなもんです。
既に御存知の方も居るかも知れませんが、ネッタイムス・ブログのコメント欄を当面の間「休止」させて頂きます。
理由は簡単で、私が多忙なのでコメント欄の管理が出来ないから。

前にも色々と書いたのだが、資料の整理やら某ブログの手伝いやら何やらで多忙なんですよ。
本当は盆休みの間に、せっせと片付ける予定だったのだが、面倒臭いからと一切遣らなかった(笑)。
下手な言い訳を言うより、判り易いでしょ(笑)。
ダラダラモード全快だよ、ダラダラダラダラしとりますよ。
そしたら、整理するコピペが増えとるんだ、これが。

前よりもコピペが増えとるんだ、これが。
もう「やけくそ」だよ、にっちもさっちも行かない。
約束事だから遣りますけどね、酷いよ姉さん(磯野カツオ・談)。
何も遣らず、サボっていたら大変な事になっております。ってのを夏休み中の学生に身を以て知らしめる為に私は敢えてサボっておりました。
バーブー(イクラちゃん・談)

何を書いているのか判らなくなったよ(笑)。
何処か知らない町まで旅に出たいよ、寅さんの様にね。
あ〜あ、宇宙人にでも拐われたいよ、でも本当に拐われたら不味いので前言撤回(笑)。
私は貝になりたい。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

ネッタイムス・ブログから提案

久々の更新なんだけど、まぁ、前にも書いたが暑さとか色々でダラダラモードが、久々の更新の原因なんだけどね(笑)。
まぁ、竹島に韓国の大統領が上陸するやら、支那が尖閣諸島に上陸するやら、その他にも色々とね、本当に頭に来る事ばかりなのも原因かも知れない。

当ブログは、netimes@mail.goo.ne.jpって、メアドを公開しているから色々なメールが来るんだが、その中に「ネッタイムスさんが書けないのなら、僕が代わりに書きます!」とか言うのが来ました。
私は、「じゃあ、書いてみる?」って返信したら、「書かせて下さい!」と言う返事が来たので、近い内に、その方のエントリを掲載する予定。

ダラダラモードの管理人が書く文章よりも、面白いかもね(笑)。
まぁ、予定は未定で決定では無いから、どうなるのか判らんよ(笑)。
自分でウェブサイトやらブログを立ち上げるのが面倒臭いって人は、当ブログにメールして頂戴。
貴方の主張でも何でも好き勝手に書いてみるか?、ただし、条件として、当ブログの読者で、当ブログの主張に沿ったものを書くのならオッケー。

貴方の書いたエントリは、【ネッタイムス・東坊京門・作】の部分が、【ネッタイムス・○○○○・作】って感じになる。
これは、メールが来る前から考えていた試みだったから、遣りたい人が居たらエントリを書いてみてよ。
ネッタイムス・ブログは、流浪のブログだから何でも有りだから。
先ずはメールを。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年8月10日 (金)

大量のコピペと資料の話

暑いですね、何か久々の更新になってしまいましたな。
それもこれも、この暑さの所為で、私がダラダラモードとなっているのが原因なんだろうなと、思ってます。
まぁ、単にダラダラしている訳では無くて当ブログのエントリ、ネッタイムス・ブログは企画立案中にも書いた様に、コピペの整理をしてたり、色々と遣っているんですけどね。

大量のコピペをカテゴリ別に整理するのは、思っていた以上に手間が掛かる作業で、最初は楽しく遣っていたのですが、段々苦痛になっております(笑)。
それと、ネッタイムスがウェブサイトだった時代からの読者と言うか、情報提供もしてくれる方から、「持っている資料を整理するけど要りますか?」と言う事で、政治、経済、原発等に関する資料を貰って、それを読むのに夢中になっている事も、更新が遅れている原因な訳です。

何だか長々と更新が遅れている理由を書くと、言い訳がましくなるのだが、まぁ、私の近況報告と言う事で、御理解下さい(笑)。
今、夢中になって読んでいる資料には、ブログのネタになる事が詰まっているので、こちらの方も整理して何時かブログに書くと思います。
そう言えば、「政界の暴れん坊」と呼ばれ、「ハマコー」の愛称で親しまれた浜田幸一(83歳)元自民党の衆議院議員が5日午前に千葉県富津市の自宅で死去したね。

ハマコーはヤクザ、町議、県議を経て、昭和44年に衆議院議員に初当選し、55年に米国ラスベガスでの賭博行為が発覚して議員辞職。
58年、議員に返り咲いた後も、共産党の宮本顕治議長を「殺人者」と呼んで物議を醸し、委員長を辞任する等、破天荒な議員だった。
平成5年に政界を引退してからは、テレビのバラエティ番組等で活躍していたね。
22年には借金の担保に差し出した約2億2000万円相当の株券を無断で売却したとして、千葉県警に背任容疑で逮捕されている。

ハマコーは議員としてだけじゃなく、人生も破天荒な人だったから色々と賛否はあるだろうけど、私は嫌いじゃなかったね(笑)。
ハマコーは、何冊か本を書いているのだが、「日本をダメにした九人の政治家」と言う本はベストセラーになっている。
惜しむらくは、ハマコーはどうせ死ぬんだったら、名誉毀損もお構い無しで無茶苦茶な暴露本を書いて、死んで欲しかった。
政界の裏話とか実名もバンバン出してさ、訴えられても霊界までは訴状は届かないんだから(笑)。
発売日に死去していたら、話題性も抜群で売れた筈だしね。

そう言った意味では惜しい人が亡くなった訳で、まだまだ暴露していない事があるだろうに勿体無いな。
ハマコーの事を書いていたら切りが無くなるので、話をコピペと資料の話に戻す。
大量のコピペと資料は全てメールで送られて来るので、大量のメールと睨めっこ状態ですよ(笑)。
まぁ、あれだ。今回のエントリはこの辺で。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年6月30日 (土)

ネッタイムス・ブログは企画立案中

日頃から、当ネッタイムス・ブログを御愛顧賜りまして誠に有り難う御座います。と、改まって書けば、また腰痛が悪化してブログを休止するのか?。って、思われる方も居るかも知れません。
まぁ、ブログを休止した前科が有るので何とも言い様が無いのですが(笑)、そう言う事では有りません。

実は、当ブログの関連ブログに、ネット爆弾(帝国ネット研究所)と言うのが有りまして、管理人は原子カムラ(はらこ・かむら)とか言う、ふざけた名前を最近付けたみたいで(笑)、まぁ、ネタなんでしょうけど、その原子カムラから頼まれ事をされている訳ですよ。
いきなり頼まれ事をとか書くと余りにも話が唐突過ぎるので、読者の方に順を追って掻い摘んで説明すると、昔、私はネッタイムスとかネッタイムス・GIFと言うウェブサイト等、10数個のサイトの管理人をしていた事は以前エントリに書いた通り。
その時の読者がネット爆弾の管理人である原子カムラでして、それ以来メールで色々と遣り取りする間柄となった。

そして昨年の始め、私が「ブログを始め様かと思っている」と言えば、原子カムラも「じゃあ、一緒にチャレンジしてみる」とか言い出した。
私は有言実行だから、1月18日に当ネッタイムス・ブログを開始したが、原子の方はと言えば、月日は流れ春となっても何も進展が無い状態(笑)。
待てども暮らせどブログを開始しない原子に「ブログ遣らないの?」と聞けば、原子は「ネタが無い」とか言うから、私は「じゃあ、ネッタイムス・ブログのサテライト(衛星)として開始したら?」と提案し、私が色々とサポートすると言う条件で昨年4月6日にブログ「帝国ネット研究所」がスタートしたのである。

そんな感じだから、当初はネッタイムス・ブログの過去エントリや通常のエントリを掲載。
帝国ネット研究所へのコメントの返事は全て私が遣っていた(笑)。
そうこうする内に約1年の月日が流れたが、私が奥歯の損壊と腰痛の悪化によりブログを休止すると言う事態となり、当然として帝国ネット研究所も休止する。
何時、再開するのか判らない状態となった事に慌てた原子は、本人曰く「自我に目覚めた」(笑)として、私に依存する体質を改め、自分でブログを運営する事になって現在に至っている。

最近は、ブログ名も「ネット爆弾(帝国ネット研究所)」にして、色々とエントリを更新している様なのだが、そこで先述した頼まれ事が登場するのである。
ネット爆弾のエントリで、色々なコピペやアメリカン・ジョークを掲載しているのだが、それらのエントリをカテゴリ別に別けてないから、ごちゃごちゃになって困っていると言う。
それらを整理整頓する為に、私に協力して欲しいと言うのだ。

当ブログのエントリ、ネッタイムス・ブログは色々と準備中ネッタイムス・ブログの分身にも書いた様に、私自身もエントリがごちゃごちゃになって、それを整理する為に、ネッタイムス・ブログ(ココログ版)ネッタイムス・ブログ(fc2版)を作成したと言う経緯が有るのだが、私と同じ轍を踏むとはね(笑)。

で、その頼まれ事なのだが、ネッタイムス・ブログのココログ版かfc2版の、どちらかでネット爆弾のエントリを整理させて欲しい。って言うのだ。
ココログ版もfc2版も、エントリを整理すると言う当初の目的は達成しているから、どちらかを提供しても良いのだが、最大の問題は、また私が手伝わなければならないと言う事だね、面倒臭い(笑)。
2ちゃんねる風に書くと「マンドクセー」とか「モウマンドクセー」てな感じだ。

まぁ、ネット爆弾のコピペやアメリカン・ジョークも、私は嫌いでは無いので、遣る方向で色々と準備中なのだが、二人ともブログのエントリの整理整頓に失敗しているから、どうなる事やら(笑)。
提供するのはfc2版になると思うけど、そんな感じでボチボチ遣ります。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】