野田佳彦首相

2012年11月15日 (木)

野田首相の解散表明による影響

今回は、当ブログのエントリ、野田首相、16日に衆院解散を明言の続報と言う事で。

前述したエントリに書いた通り、「嘘吐き総理」こと野田佳彦首相が14日の党首討論で「16日に衆院解散」すると明言した事は、永田町の内外に大きな大きな波紋を広げている。
解散総選挙で大敗が予想される民主党内はパニック状態となり、選挙基盤の弱い若手議員連中は「大惨敗になる」と、悲壮感を漂わせている。

民主党は、衆院での過半数割れが時間の問題と言われ、離党の動きに歯止めが掛からない状態であり、且つ衆院で内閣不信任案が可決されれば、野田内閣は総辞職に追い込まれると言う瀬戸際の政権運営が続いており、野田首相は、このまま綱渡りの状態をダラダラ続けるよりは解散が得策と判断したのではないか。

解散の先送りを模索する動きも民主党の一部に有る様だが、野田首相は党内で「野田降ろし」のクーデターが起き、首相の座から引き摺り降ろされる前に解散表明する事で、それらの動きに対して先手を打った形となった。

ルーピーこと鳩山由紀夫元首相は14日、野田首相が16日に衆院解散を表明した事に付いて、相変わらず、熱に浮かされた様に、視線が宙を彷徨いながら、「御自身や民主党執行部のみの発想で、党や国民はお構い無しだ。国民不在の解散だ」と述べた。

ルーピー鳩山グループが14日に開いた会合では、「内閣不信任決議案に同調する事で解散を阻止出来ないか」との意見も有り、首相の解散表明後も往生際が悪く、野田降ろしを画策している様だ。

野田首相の解散表明でパニック状態となったのは民主党だけでは無く、「12月16日投開票」と言われている解散総選挙に付いて、日本維新の会や太陽の党等の第三極は意表を突かれた様で、「野田首相にやられた。準備が間に合わず、新人は戦いにもならない」(日本維新の会、大阪府議)等と、苦しい選挙戦になる見方を示した。

日本維新の会の代表を務める大阪の橋下徹「機長」じゃなかった「市長」は14日、「いよいよだ。『人生1回こっきりの大勝負』と何度も言って来たが、本当の意味での大戦(おおいくさ)。自分の力を全て出し尽くす」と述べ、準備が整う前の解散総選挙となったが、全力で戦い抜くと意気込みを語った。

石原慎太郎前都知事が率いる太陽の党は、第三極を結集しての大連合を目指しており、16日に維新の会との政策協議を予定しているが、原発や消費税、憲法改正に関する政策で調整出来るのかが焦点となる。
政策協議が曖昧なまま第三極の結集を優先すれば、野合との批判を受けるだけだ。
太陽の党の平沼赳夫共同代表は「率直に言って、もう少し時間が欲しかった」と、苦しい胸の内を吐露した。

野田首相の解散表明によって「12月16日投開票」が予想される総選挙なのだが、このまますんなり解散して総選挙となるのか?、暫くは永田町の動きから目が離せない様だ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年11月14日 (水)

野田首相、16日に衆院解散を明言

内閣支持率が低迷し、苦しい政権運営が続いている「嘘吐き総理」こと野田佳彦首相は14日、自民党の安倍晋三総裁との党首討論で、次期通常国会での議員定数削減と議員歳費削減の確約を得られれば「16日に解散しても良い」と明言し、特例公債、選挙制度改革の重要法案の成立と、社会保障制度に関する国民会議の設置等、「解散に向けた環境整備」が整い次第、衆議院を解散し、年内に総選挙を実施する意向を関係者に伝えた模様。

野田首相は、消費税増税の際に三党合意と言う名の「三党密室談合」を行った民主党、自民党、公明党(民自公)の所謂「談合三兄弟」が、8月に行った民自公の党首会談で「近い内」に衆院を解散する旨を約束した事に関し、「近い内と言ったのは事実だ。責任は重く受け止めている」と述べており、民自公の三党による解散の約束を「やっと」履行する事になりそうだ。が、である。嘘吐き総理の事だから、実際に解散する迄は信用出来ない(笑)。

これに付いて「水気の無いボウフラ」こと輿石東幹事長は、「首相の専権事項で首相が判断したのだから、それで良いではないか」と、反対しない意向を表明。
ボウフラ幹事長は「16日に解散したいと首相が言ったのだから、撤回する事は無いだろう」と述べ、衆院定数削減に関しては「自ら身を切ると言う国民との約束が守れるかどうか。後は野党の出方を見るしかない」と語った。

しかし、である。ボウフラ幹事長は13日、民主党の会合で「『ドジョウは金魚の真似は出来ない』と言う言葉が首相は好きだ。ドジョウは泥水の中でも生きていける。金魚は綺麗な水でしか泳げない。金魚が水槽から飛び出せば、死んじゃう」と言い、「金魚」は選挙基盤の弱い議員の事を差している様で、続けて「今、解散すれば、ひ弱な若手は生き残れない。衆院選は惨敗し、党存亡に関わる」として、「来年夏の衆参ダブル選挙」を目指して、解散先送りを主張して野田首相を牽制していた。

ボウフラ幹事長の本心は不明だが、野田首相が衆院の解散を明言しても、解散総選挙では大敗が予想される民主党の議員連中がすんなり解散を受け入れるかどうかも焦点が集まるだろう。
実際に一部の議員は「野田降ろし」を画策し、ポスト野田には「モナ男」こと細野剛志を神輿に担ごうとしている様だな。
今後の動きに注目である。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年6月 5日 (火)

野田ドジョウ再改造内閣、森本敏教授が防衛大臣

野田ドジョウ再改造内閣が4日に発足した訳だが、新閣僚の顔触れも相変わらずパッとしないのだろうと、私は高を括っていた。
しかし、である。何と言っても驚いたのは、参議院で問責決議を受けた田中直紀防衛大臣の後任に、拓殖大学大学院の森本敏教授を起用した事だろう。
これは「青天の霹靂」と言う他は無く、何せマスコミ各社でこのサプライズ人事を予測していた所は無かったのだから、巧い具合に人事の情報が漏れなかった事にも驚きを隠せない。

森本教授は防衛大学校を卒業後に航空自衛隊に入隊した元自衛官(最終階級は3等空佐)であり、自衛隊を退官後には外務省職員となっている。
職員時代には、外務省情報調査局企画課安全保障政策室長、外務省大臣官房領事移住部領事移住政策課長等を歴任しているから、森本教授は安全保障問題のエキスパートと言える。
因みに、森本教授は元自衛官だが、野田佳彦ドジョウ首相は「元都市ガスの点検員」である(笑)。
森本教授は安全保障問題に詳しいのだが、野田首相もガスの検針等を行っていたから、ガスの安全保障問題には詳しいのかも知れないな(笑)。

ドジョウの都市ガス点検員の話は置いといて、森本教授の話に戻ると、森本教授が防衛大臣の要請を受諾した事にも驚いたね。
と、言うのは、森本教授は自民党の麻生政権時代の2009年8月1日付で、防衛省に新設された防衛大臣補佐官に就任したが、民主党の鳩山由紀夫政権への交代を前に、9月11日付で退任している経緯がある為、民主党政権の大臣職をよく引き受けたもんだとね。
森本教授の思想信条や主義主張は、民主党政権と「水と油」だと思うのだが、民主党の「人材不足」を鑑みれば、専門的な知識が豊富な森本教授の防衛大臣就任は妥当なのではないかと個人的には思う。
尚、前身の警察予備隊、防衛庁時代を通しても、防衛主任閣僚に民間人が起用されるのは初となる。

野田再改造内閣のニュースを見て、森本教授の防衛大臣就任と言うのを知った時、私はシビリアンコントロール(文民統制)が云々として、この人事は波紋を広げるだろうなと感じたが、案の定、民間人の防衛大臣就任は文民統制の観点から問題があるとして騒いでいる様だな。
文民統制とは掻い摘んで書くと、国民に選ばれた政治家が軍隊を統制すると言う事なんだが、国民に選ばれた政治家の一川保夫は防衛大臣就任会見で「安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアンコントロールだ」とか言うスットコドッコイだったし、田中角栄の娘婿の田中直紀は、妻があの田中真紀子だから家庭内の安全保障に頭が一杯で、国家の安全保障に迄は頭が回らないだろうしね(笑)。

まぁ、冗談はさて置き、田中直紀は国家答弁で「二人羽織」する様なアンポンタンのポン助で、余りにも無能だから二人では足りなくなって「三人羽織」とか「四人羽織」する様な輩だったのは御存知の通り(笑)。
田中直紀は、防衛大臣なのに安全保障に付いて碌な事を言わないから、大臣の会見の際には防衛省の官僚に背広の裾を引っ張られて、退場させられる様な人だから(笑)、とてもとても国防と言う重責を任せられませんな。
これまた政治家の仙谷由人は、防衛大臣では無いけど「自衛隊は暴力装置」と、「赤で馬鹿」な発言する輩だから、大臣は政治家が云々とは言えないのではないかな?。

文民統制と言えども、安全保障に明るく現場サイドの事情にも精通している人物ならば、適切な人事と言えるだろうし、これこそが適材適所なのではないか。
まぁ、何れにせよ、森本敏教授の防衛大臣就任は驚きだったのだが、一番驚いたのは防衛副大臣の渡辺周だろうね。
これまでの一連の流れから見ると、渡辺周が防衛大臣に昇格すると予想されており、渡辺自身も次の防衛大臣は自分と思っていた節がある。
渡辺は、認証式と記念写真に着用する「モーニング」と、大臣就任の祝いとして家族が「鯛の尾頭付き」を用意していたと噂されており、その落ち込み方は半端無いみたいだから、憐憫の情を覚えるね。
森本敏教授には「祝辞」を、そして渡辺周には「お悔やみ」を贈りましょう(笑)。
人生は山あり谷ありだな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年2月 1日 (水)

野田佳彦ドジョウ首相が暴力団絡みの献金を返金

今回は当ブログのエントリ、野田佳彦ドジョウ首相が暴力団関係者から献金の続報と言う事で、千葉県の冠婚葬祭業者「セレモ」や社長から、「笑ゥせぇるすまん」の「喪黒福造」こと野田佳彦ドジョウ首相が献金を受けていた問題で、首相の事務所は31日、受け取った献金など計152万円を返金した事を明らかにした。

野田首相の事務所によると、野田首相の資金管理団体「未来クラブ」は2008年と11年、セレモの社長から計2万円の献金を受領。
野田首相が代表を務める民主党千葉県第4区総支部は05年以降、セレモから計130万円の献金を受領。
野田よしひこ後援会が07年に開いた政治資金パーティーでは、パーティー券20万円分をセレモに購入して貰っていたと言う。

野田首相の事務所は「社長の刑事事件は報道以上の事を知らないが、逮捕と言う事実を受け返金した」とコメントしているのだが、事務所の説明だけでは無く、野田首相本人も、きちんとした説明をするべきだと思うが、返金したら頬被りをして知らぬ存ぜぬを決め込むつもりかな。
そうすると、ここで「前なんとかさん」で知られる前原誠司外相を、国会での厳しい追及で一瞬にして窮地に追い込んだ「国会の爆弾男」こと西田昌司参院議員の出番だな。

しかし、である。民主党の不祥事を追及する為に国会で質問に立ったら、その後、YouTube(ユーチューブ)に開設している自身のチャンネルが、何者かにアカウントを乗っ取られて、ロシア語で「ポルノ動画が無料」と言うタイトルが付いたポルノサイトのプロモーション動画を次々とアップされる訳ですな(笑)。って、笑い事では無いけどね。

西田昌司のユーチューブのチャンネルに、ポルノ動画をアップした輩が何者かは不明だが、参院は昨年、サーバが不正アクセスを受け、全議員のIDとパスワードが流出した可能性が有る事を明らかにしているが、それと今回のユーチューブの問題は関係が有るのだろうか。
まぁ、何れにせよ、西田昌司のユーチューブのチャンネルに、またポルノ動画がアップされ様とも(笑)、今後、西田昌司には野田首相の献金問題を厳しく追及して貰いたいもんだ。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2012年1月26日 (木)

野田佳彦ドジョウ首相のブーメラン演説

ネット上では「笑ゥせぇるすまん」の「喪黒福造」こと野田佳彦ドジョウ首相が、3年前の2009年に大阪で行なった衆院選の応援演説が、民主党の「お家芸」である「ブーメラン」だとして話題となっている。
野田首相は街頭演説で何を語っていたのか?。って事で、以下に貼ってみる。

「マニフェスト、イギリスで始まりました。ルールが有るんです。書いて有る事は命懸けで実行する。書いて無い事は遣らないんです。それがルールです。
書いて無い事を平気で遣る。これって可笑しいと思いませんか?。書いて有った事は4年間、何も遣らないで、書いて無い事は平気で遣る。

それはマニフェストを語る資格が無いと言う風に、是非、皆さん思って頂きたいと思います。その一丁目一番地、税金の無駄遣いは許さないと言う事です。天下りを許さない、渡りは許さない。それを徹底して行きたいと思います。

消費税1%分は、2兆5000億円です。12兆6000億円と言う事は、消費税5%と言う事です。消費税5%分の皆さんの税金に、天下り法人がぶら下がってるんです。
シロアリが集ってるんです。それなのに、シロアリ退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか? 

消費税の税収が20兆円になるなら、またシロアリが集るかも知れません。鳩山さんが4年間消費税を引き上げないと言ったのは、そこなんです。
シロアリを退治して、天下り法人を無くして、天下りを無くす。そこから始めなければ、消費税を引き上げる話は可笑しいんです。徹底して税金の無駄遣いを無くして行く。それが民主党の考え方であります」

以上が野田首相の演説なのだが、「書いて有る事は命懸けで実行する。書いて無い事は遣らないんです。それがルールです。」らしい(笑)。
野田首相は、マニフェストのルール破りを公然と推し進めているのである。

「シロアリを退治して、天下り法人を無くして、天下りを無くす。そこから始めなければ、消費税を引き上げる話は可笑しいんです。」と言っており、シロアリとは役人の事を指しているのだが、今はシロアリを退治する処か、シロアリの操り人形となって、シロアリに使われている訳だな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

野田佳彦ドジョウ首相が暴力団関係者から献金

「産経新聞」の二つの記事(22日と26日)に興味深いニュースを見付けたので、以下に貼ってみる。って事で、先ずは22日の記事から。

「セレモ」社長ら逮捕 車を虚偽登録の疑い 

千葉県警捜査4課は22日、車の使用者を偽って移転登録したとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、冠婚葬祭会社「セレモ」社長の林勇樹容疑者(46)=市川市鬼高=ら計3人を逮捕した。

逮捕容疑は、林容疑者が平成20年11月に中古車販売会社役員、内山裕史容疑者(37)=千葉市稲毛区=から乗用車を購入する際に、実際は自称不動産ブローカー、山下賢一容疑者(43)=千葉市中央区=が使用するにもかかわらず、運輸局には林容疑者が使用すると虚偽登録をした疑い。

同課によると、山下容疑者は暴力団関係者で、動機などを調べている。
セレモは千葉県船橋市に本社があり、千葉、茨城両県と東京都で葬儀・結婚式場を運営している。

以上が産経新聞の22日の記事なのだが、冠婚葬祭業者とブローカーが絡んだ虚偽登録のニュース。
そして26日の関連ニュースの記事では、「アイライン」を引いているから、「笑ゥせぇるすまん」の「喪黒福造」に似ていると言われる(笑)、野田佳彦ドジョウ首相の名前が出て来る。って事で、26日の記事を以下に貼ってみる。

野田佳彦首相の資金管理団体「未来クラブ」などが平成17〜22年、暴力団関係者とみられる男に便宜を図ったとして、千葉県警に逮捕された葬儀会社社長と同社から、計111万円の献金を受領していたことが25日、分かった。
県警は、同社から暴力団に資金が流れていた疑いもあるとみて捜査しており、首相の道義的責任が問われそうだ。

献金をしたのは、千葉県船橋市の葬儀会社「セレモ」社長、林勇樹容疑者(46)。
県警捜査4課などに今月22日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕された。

県警の調べによると林容疑者は20年11月、暴力団関係者とみられる不動産ブローカーの男(43)=同容疑で逮捕=が使用することを知りながら、使用者を自らと偽って関東運輸局千葉運輸支局に乗用車の移転登録をした疑いが持たれている。

政治資金収支報告書によると、野田首相の資金管理団体「未来クラブ」は20年、林容疑者から1万円の個人献金を受領。
首相が代表の政党支部「民主党千葉県第4区総支部」は17〜22年に、セレモから計110万円の企業献金を受けた。

同社のホームページや法人登記によると、同社は昭和43年に設立し、林容疑者は平成20年から同社社長。
千葉県内を中心に葬儀場などを広く展開している。
産経新聞は未来クラブの事務所などに取材を申し入れたが、回答はなかった。

以上が「産経新聞」26日の記事なのだが、野田首相が計111万円の献金を受領して「暴力団関係者とみられる男に便宜を図った」とある。
野田首相と言えば、野田首相も外国人から献金や、脱税企業が民主党のパー券を購入等、曰く付きの献金問題が取り沙汰されている。
野田首相は、それらも含めて説明責任を果たしては如何かな?。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2011年12月18日 (日)

冷温停止?事故収束?、冗談は顔だけにしてね野田首相

野田ドジョウ首相は16日、東京電力の福島第一原発事故に関し「原子炉は冷温停止状態に達し、事故そのものが収束に至ったと確認された」と述べ、事故収束に向けた工程表の「ステップ2」が完了したと宣言したのである。
野田首相は更に「不安を与えて来た大きな要因が解消される」とコメントしたのだが、これは原発事故への対応の成果を国内外にアピールする狙いがあると見られるが、海外の反応はと言えば。

福島第一原発の原子炉が「冷温停止状態」になったと日本政府が宣言した事に付いて、国際原子力機関(IAEA)は16日、工程表の「ステップ2」を日本政府と東電が「計画通り年内に終えた」と評価した。
来日中のナイズ米国務副長官も「復興へのステップの一つ。非常に喜ばしい」と述べた。

一方、英BBCと米CNNは野田首相の会見を生中継する等、相次いで速報して関心の高さを示したが、海外メディアの多くは懐疑的な見方をしている。
AFP通信は冷温停止状態に付いて「安全が確保されたと言う意味では無い」と解説し、ルモンドは「原子炉の解体、環境の回復には相当の時間を要する」と長期的な取り組みの必要性を強調。

APは、「(旧ソ連の)チェルノブイリ事故以来で、最悪の原子力危機から3ヶ月を経て、大きな区切りになる」とした上で、「専門家は(福島第一)原発が尚、脆弱な状態にあり、廃炉には何十年も掛かるとしている」と伝えた。
ニューヨーク・タイムズも宣言に付いて「年末迄に冷却システムを回復させるとの日本政府の約束を反映させたに過ぎず、原子炉が依然として抱える危険から注意を逸らせる恐れがある」と指摘した。

福島第一原発事故を受けて脱原発を決めたドイツでは、DPA通信が「福島の原発の廃虚が制御された」と速報したが、「まだ安全な状態には程遠い。これで冷温停止を宣言するのは意図的な嘘と紙一重。日本政府は国民の判断を誤らせている」として、批判する専門家の意見も報じている。
海外メディアは「原発の安全が確保された訳では無い」等と宣言を疑問視し、厳しい見方をしている。

因みに今回の「冷温停止状態」は、政府と東電が福島第一原発の事故に合わせ、原子炉の安定を示す言葉として7月に定義したもので、圧力容器の温度が概ね100度以下で、放射性物質の追加放出を大幅に抑えた状態の事。
核燃料が圧力容器に閉じ込められ、水に浸かっている通常の原子炉で、容器内の水温が100度未満になり、燃料の核分裂反応が止まった状態を意味する本来の専門用語である「冷温停止」とは異なる。

つまり今回の「冷温停止状態」は、通常の「冷温停止」とは異なり、政治的なアピールをする為の単なる「言葉遊び」と言える。
国民新党の亀井静香に「出鱈目、班目委員長」と揶揄された原子力安全委員会の班目春樹委員長は、「原子力安全委員会として、使った事は無い言葉。冷温停止状態に付いて何か物を申す気は無い」と、メルトダウンした1〜3号機に正常な原子炉の用語を使う事に強い抵抗を示している。

工程表では、冷温停止状態を圧力容器の底部の温度等を目安に定義したが、「意味が無い」と認めない専門家も多いと言う。
そもそも東電は、原発事故の現場を目視で確認しておらず、現在の原子炉の状態を把握していない為、推測でしか判断出来ない訳だ。
そんなだから、圧力容器や格納容器の状態も当然として判らず、核燃料は行方不明であり、冷温停止と言っても既に容器の中は空っぽなのかも知れない。

福島第一原発は暗澹冥濛なのに、野田首相は「冷温停止」更に「事故収束」迄も宣言したのは、正気の沙汰とは思えない。
野田首相は、自身の内閣支持率が釣瓶落としと言う事に焦っており、支持率アップを目論んで宣言を行ったのかも知れないが、拙速としか言い様が無い。
原発事故から約9ヶ月の月日が経っても事故処理は進まず原発は不安定なままで、放射能汚染による被害が広がっている事への懸念も判断力を鈍らせたのかも知れない。が、余りに拙速である。

野田首相が宣言した舌の根も乾かぬ17日、東電は1号機原子炉建屋にある使用済み燃料プールの代替冷却装置から、放射性物質を含まない二次系冷却水が約100リットル漏れたと発表した。
ポンプ近くの安全弁のハンドル位置がずれて開いたのが原因で、二次系冷却水の循環が約3時間停止したが、プール水温は13度から上昇しなかった模様。
この報告を受けて何を思う?・・・野田首相。
冗談は顔だけにしてね、野田首相(ハート)。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2011年9月 9日 (金)

超短命、野田ドジョウ内閣の詳細

「泥臭く国民の為に汗を掻く」と、ドジョウの様に泥塗れになりながら、政治を行う事を述べた野田佳彦内閣だが、超短命ドジョウ内閣、組閣して記念写真を撮って終了?にも書いた通り、前途多難な幕開け。
野田佳彦ドジョウ内閣の面々で、発足した野田内閣に付いて、軽く書いていたのだが、更に捕捉する形でネットで見付けたコピペを以下に貼ってみる。

【どじょうすくいマジキチ害内閣】

【総理】野田佳彦: 国より党の融和第一 韓国マダンで千葉民団の皆様の力を受けて選挙に勝った御礼演説------すぐに刑事告発せよ

【官房】藤村修: 在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟(以下在日連盟)

【財務】安住淳: 元NHK記者倶楽部 ガソリンプール発言 自衛隊が行事で政権批判するなと文書で恫喝 国民新党批判 防衛省OBの再就職先調査する粘着 震災で被災地の首長批判

【外務】玄葉光一郎: タンクローリー事件 外国人参政権慎重派 国会議員削減 自民離脱→新党さきがけ(ルーピー鳩山の党)→民主党

【総務】川端達夫: 在日連盟 政治資金でキャバクラ

【法務】平岡秀夫: 在日連盟 国立追悼施設推進(靖国解体) 少年殺人犯擁護 北朝鮮の経済制裁に反対 死刑反対論者(どれだけ人を殺しても訳がある)

【農水】鹿野道彦: パチ政治アドバイザー(以下パチ) 電力中韓に売って貰えば原発不要(いつでも脅迫可能)

【文科】中川正春: 在日連盟 パチ

【経産】鉢呂吉雄: 在日連盟 社会党→民主党 北朝鮮の砲撃で「民主党にとって神風だ」発言 日教組の政治団体「日本民主教育政治連盟」 政治資金虚偽記載

【厚労】小宮山洋子: 在日連盟 国旗国歌法反対 二重国籍推進 人権侵害救済法案推進(プロジェクトチーム副座長) 福島瑞穂のお仲間

【国交】前田武志: 在日連盟 仙谷官房長官を「仙谷総理大臣!」と呼び間違える 支援団体から献金受けるも警察に指摘されても修正せず、マスコミにバレ平謝り

【防衛】一川保夫: 在日連盟 私は安全保障の素人 有権者恫喝

【環境・原発】細野豪志: モナ男 娘の行事を蹴ってモナと不倫旅行 日和見主義 小沢とも繋がり ロシアとべったり(アルジグループ)

【公安】山岡賢次: 小沢側近 マルチ推進 外国人参政権超推進派 パチ 改名し過ぎ アイヌを蛮族呼ばわり 麻生さんや支持者をナチス呼ばわり

【郵政・金融】自見庄三郎: 国民新党 日韓図書協定賛成

【復興】平野達男: 小沢派 TPP推進 恫喝松本龍後任で復興担当大臣(管政権) 青山繁晴氏を恫喝 復興利権で悪さしてる

【行政刷新・公務員制度改革】蓮舫: コンビニ視察 国会でVOGUE撮影 マジコン事件 仕分けではやぶさ・スパコン・スポーツ振興費・スーパー堤防削るも党の天下り先は確保 日本はシナに謝罪すべき発言

【国家戦略・経済財政担当相】古川元久: パチ

以上がコピペなのだが、どうですかな?。
今後、野田内閣を見る判断材料、選挙で投票する際の判断材料で、参考にして下され。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

2011年9月 3日 (土)

超短命ドジョウ内閣、組閣して記念写真を撮って終了?

西日本に台風が接近中の9月2日、野田佳彦ドジョウ内閣の面々にも書いた通り、難題が山積する今の日本を再生させるべく、まさに野田内閣は嵐の中の船出となった訳だ。
野田首相は組閣して「さあ、これから」と言う時に、野田首相も外国人から献金が発覚したのである。
これはね、スタートラインに立った瞬間に躓いて、捻挫した様な問題が起こった訳なんだが、組閣した日に金銭スキャンダルが発覚した総理大臣と言うのは、前代未聞の事ではないだろうか?。

この献金ニュースを最初に見た時、アニメ「ど根性ガエル」のエンディングに流れる「ど根性ガエル音頭」の「死んだその日が誕生日」と言う歌詞を思い出したよ(笑)。
民主党の新代表は野田佳彦にも書いたのだが、野田は色々な金銭スキャンダルを抱えているので、直ぐに新たな献金疑惑が出るんじゃないか?。と予想した通りの結果である。

その野田首相は3日午前、自らの資金管理団体が、政治資金規正法で禁じられた外国人からの献金を受け取っていたとする一部報道に付いて、都内のホテルで記者団から「説明するつもりはないか?」と質問されたが、一切答えなかった。
記者団は更に、「事実関係を確認させて欲しい」と問い掛けたが、首相は終始無言を貫いた。

自業自得とは言え、組閣した次の日の質問が自身の献金問題になるとは、野田首相も想定外の出来事だろうが、野田首相の脇の甘さを露呈する形。
しかし、記者も、もっと突っ込んだ質問をしないと駄目だな、例えば「辞任表明は?」とか「次の代表選は?」とか「ポスト野田は誰になると思いますか?」とかね(笑)、政権発足して次の日の質問が早くも次期首相の話なんてのも面白い。

あれだな、結婚してハネムーンに行って、ハネムーンから帰って来て、直ぐに別れる「成田離婚」なんてのも有るんだから、組閣して直ぐに首相が辞任する「成田辞任」ってのも有っても不思議では無いわい。って、近所の爺さんが言うとりました。
新政権が発足してから、暫くは「ハネムーン期間」とか言って、お手並み拝見の期間なのだが、ハネムーンの途中と言うか、出発前にトラブル発生みたいなもんだな。

まぁ、野田政権が発足した夜、正式に総理大臣となった野田首相は、奥さんとでも総理就任を祝って乾杯ぐらいはしたのかも知れない。
奥さん「あなた、総理大臣に就任おめでとう」、野田「有り難う」、奥さん「日本は前途多難で大変だけど、頑張って下さいね、総理」、野田「総理と言われるのは照れるな、テヘッ」ってな感じで盛り上がっている、まさにその時、産経新聞は着々と外国人献金の記事を仕上げていた訳ですな(笑)。
「好事、魔多し」って事で、幸せと不幸せは隣り合わせなんだと実感出来るね。

脇が甘いのは首相だけでは無くて、野田内閣で政調会長を務める前原誠司は、またまた発覚、前原誠司(政治)とカネの問題で書いた様に、野田内閣が組閣する前に金銭スキャンダルが発覚している。
疑惑の追及に定評のある自民党の西田昌司は、支持者向けのビデオレターで「菅氏一人が辞めたからと言って、民主党が良くなる訳では無く、むしろ民主党の存在そのものが日本にとって害であり、彼らは根っからのペテン師集団であると言う事を、皆様方に申し上げて本日のビデオレターを締め括ります」と、民主党の体質自体に問題がある事を指摘。

西田からすれば、野田内閣の面々は「疑惑の大売り出し」みたいな連中ばかりだから、次から次へと疑惑追及のネタが出て来るので、ネタには困らないだろう。
しかし、である。ネタが豊富に有り過ぎて、それらの資料を集めるだけでも大変で、資料を纏める作業も多すぎて困難を極め、連夜の徹夜作業で体調不良となり、過労死するのではないか?(笑)。

野田首相も、今回発覚した外国人献金問題だけでは無くて、「メディア21」に絡む問題、「ソフトウェア興業」に絡む問題、「品川美容外科」に絡む問題の所謂「疑惑の三点セット」と言う問題を抱えており、短命政権になるのは間違い無いのでは?。と指摘されている。
野田ドジョウ内閣は、組閣して記念写真を撮って終了。って事になるのかな?(笑)。って、笑い事では無いけどね。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

野田首相も外国人から献金

野田佳彦首相の資金管理団体が、在日本大韓民国民団(民団)関係者ら在日韓国人2人から、計約30万円の政治献金を受け取っていた事が2日、産経新聞の調査で発覚。

政治資金収支報告によると、献金を受けていたのは、野田首相の資金管理団体「未来クラブ」で、献金をしていたのは、千葉県船橋市と同県松戸市に住む在日韓国人の会社役員。
共に男性で、「通名」である日本名での現金支出となっていた模様。

船橋市の男性は平成13〜15年に掛けて、計15万8000円を献金しており、男性は当時から現在まで、民団地元支部で役員を務めている。
男性は「(野田が)街頭演説を遣っていて、良く頑張っていると感じて応援する様になった。選挙の時には、選挙事務所の立ち上げにも行ってお会いする様になった」と、野田首相との面識を認めた。

野田首相は21年10月、千葉で催された「韓日友好イベント」に出席し、政権交代をもたらした衆院選に付いて、「千葉民団の皆さんの力強いご推挙を頂き、力強いご支援を頂きました事を、心から御礼申し上げたいと思います」と、謝辞している。

一方、松戸市の男性は10〜11年掛けて計16万円を献金し、「野田さんとは面識が無く、献金を頼まれた事は無い。参加するNPO法人のメンバーの間で、野田さんを応援する機運が高まった為、献金した」と話している。

政治資金規正法は、外国人や外国人が過半数の株式を保有する会社からの政治献金を禁じている。
違反すれば3年以下の禁錮か50万円以下の罰金、罪が確定すれば公民権停止の対象となるが、今回の何れの献金も公訴時効(3年)を経過している。

就任早々外国人献金が発覚した事で、野田ドジョウ内閣に早くも暗雲が立ち込めた。
今後の動向に注目だな。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】

より以前の記事一覧